日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.48 今年もトドの赤ちゃんが誕生しました!!

2018.7.26

2018年7月6日a.m1:45。
伊勢シーパラダイスでは13例目となるトドの赤ちゃんが誕生しました。

出産後すぐの様子。まだへその緒で胎盤と繋がっています。

お父さんは伊勢シーパラダイス生まれの小鉄くん。お母さんは大分マリーンパレス水族館生まれのヒナちゃんで、このペアでの出産は4例目となります。

授乳が確実に出来ているかを確認するスタッフ

今までは、出産しそうになるとスタッフが交代で現場に泊まって観察と撮影を行いましたが、今回は4回目の出産でもうベテランお母さんだということで、スタッフは泊まらずに定点カメラを設置し、携帯電話や液晶端末があればどこからでも24時間現在の状況をライブ映像で見られるように工夫して観察を行いました。

端末があればどこでも観察出来るようになりました!

これでスタッフの負担を大きく削減しつつ、他の作業など行いながらでも、いつでもどこでも電波さえキャッチ出来れば母子の様子をライブ映像で把握できるようになりました。出産後も、他の作業を他の場所で行いながら母子の状況をチェックすることができ、大変重宝しています。

授乳中。赤ちゃんの口やお乳周りがミルクで白くなっています。

出産後約6時間半でしっかりと授乳した赤ちゃんは、まだスタッフが取りあげての体重測定や雌雄判別を行っていませんがオスだと思います。

急に食欲が倍増したお母さんのヒナちゃん。

お母さんのヒナちゃんの方は完全にベテランお母さんの顔になり、出産後すぐに安定して魚を食べ始め、たくさんのミルクを赤ちゃんに飲ませてよく面倒を見てくれています。

出産後、母子親子はひと時も離れずに一緒にいます。

そんなお母さんからひと時も離れない赤ちゃんは、小さくてヨチヨチしているくせにお母さんの威を借りてスタッフに偉そうにしてくるわんぱく坊主です。このまま順調に育ってもらえるように見守っていきたいと思います。
(お母さんと赤ちゃんは現在お客様から見えないバックヤードで生活しております)

著者プロフィール

田村龍太 (たむら・りゅうた)

1976年生まれ。大阪府出身。
1996年二見シーパラダイス(現 伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス)入社。
現在飼育全般の管理と若いスタッフへのくだまき係をしている。「自分を生かしてくれている世間様のために還元!」と自らを正当化して時々突発的な大きな買い物をする。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。