日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.6 剛腕シンくん

2013.3.7

日本一の森林率(84%はちよん)を誇る高知県。3月に入り、気温上昇に伴い花粉シーズン本格化へ…!
花粉症の私は、この時期、毎日くしゃみを連発し、鼻水と目の痒みと戦って21年目…、まっことツラい、飛散だけに悲惨ちや!
スギ花粉よ!早くどこかへ去ってくれてもいいんだぜー!(涙)

また、3月3日は桃の節句(ひな祭り)。鳴子は生後6ヶ月を過ぎ、体重も3200グラムを超え、赤ちゃんからステキな女の子へ。でも、まだまだ甘えん坊!母親のリョクの背中にくっついて、「二~匹並んですまし顔~♪」。
ちらし寿司やハマグリのお吸い物を与えることはできないので、私たちの愛情たっぷり♥お手製ジュースとミルクを飲んでお祝いだね。もっと大きくな~れ♪

さて、今回はアニマルギャラリーで暮らしているオスの「新(シン)」を紹介したいと思います。

2012年4月23日、わんぱーくこうちへやって来た当日の様子。
輸送箱から、「はじめまして♪」 堂々と顔を覗かせたシン・♂。

2012年5月、初公開を迎えた間もない頃のシン・♂。
まだまだ幼顔が残り、体重は3.5キロほど。搬入当日から物怖じしない性格で、よく動きよく食べ、ホントかわいかったなぁ♪
なんだか、現在の鳴子にちょっと似ているような!? パパじゃないけどね~(笑)
しかし、よく見ると、この頃からもうすでに前足!?上腕の異常な大きさが気になる…。

最近のシン・♂は、体重なんと7.3キロ…。肩の盛り上がり。上腕の太さは迫力満点!
雄のコアリクイとして、貫禄十分な体格に変貌を遂げています。

以前、ミルクタイムのイベント時、こんなハプニングがありました!

鳴子にミルクを哺乳していると、普段なら、展示場の止まり木の上部で寝ているシン・♂が、珍しく下りて来ました。
鳴子やミルクの匂いに反応したのか、鼻息荒く興奮している様子!

私、この後、お客さんの目の前でシン・♂の剛腕にKOくらっちゃいまして、イベントは中断。冷や汗タラタラ、ひきつり笑顔を何とか保ちながら、そそくさと鳴子と共に脱走したのでした…(涙) 
ほら、長靴にぶら下がっているシン・♂の得意そうな表情をご覧ください~♪
今でも私の長靴と心には、くっきりと深い~爪痕が残っています。(笑)
 ちなみにシン・♂は、鳴子&リョク親子と展示場をバトンタッチ!現在、裏側でしばしの休息中。3月だけに去ってしまいました。よっちょれ♪

著者プロフィール

吉川貴臣(よしかわ・たかおみ)

1974年高知県高知市生まれ
物心がついたころから高知の豊かな大自然のなかで遊び、さまざまな生き物たちと出会い、好奇心旺盛な幼少期を過ごす。犬好き。
高知県立高知小津高等学校・理数科卒業 ボクシング部 
高3の夏、愛犬の突然死をきっかけに獣医師の道を目指す(ドラマ等では、間違いなく獣医師になれます)が、時すでに遅し…パンチドランカーのため、専門学校へ。
日本動物植物専門学院・東京校アニマルケアー科卒業。
1999年より、わんぱーくこうちアニマルランドに勤務。長年の夢だった飼育係となる。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。