日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.25 もしかしてだけど!?

2014.10.20

 当園わんぱーくこうちアニマルランドには、私たち飼育係にとって誇りそして自慢のご長寿どうぶつがおります。
まずは・・・
そう現在、日本一のご長寿シマウマこと!

1

 グラントシマウマ「ランおばあちゃん」
 なんと「32歳~~☆」
 高知家の温暖な気候がぼっちり合うたのか、毎日のんびりと過ごしています。
 ほら、全身をブラッシングしてもらい気持ちよさそうでしょ♪

 つぎは、日本第2位のチンパンジーこと!

2

 白い立派なあごひげが、格好良い「タロウさん51歳~☆」
 現在、日本で暮らすオスのチンパンジーの中で2番目に長生きしています。
 風貌どおり、メスにとてもやさしくレディーファーストを貫くジェントルマンなおじいちゃんチンパンジーです♪

 続いて、中南米の生態系の頂点に君臨するジャガーこと!

3

「ハル(♀)さん19歳~☆」
 まだまだ、若く元気ハツラツでーす♪
 相方のルモ(♂)は、ただいま全国行脚中。
 繁殖目的のため、愛媛県立とべ動物園へ貸し出し、お出かけしております。
ちなみに専門用語で「ブリーディングローン・BL」と言います。
 ただ現在、全国でジャガーを飼育する動物園は11園館(日本動物園水族館協会加盟園館のみ)。その数20頭。かなり深刻な飼育状況です。しかも、クロジャガーを含む数なので、近い将来、日本の動物園からジャガーがいなくなる可能性があります。
ハルにルモ~さらにプリメーラさん(とべZOO♀)~ファイトーーー!一発~☆
がんばれーーー

4

9月15日、「敬老の日」にちなんで、来園者さまから、たくさんのステキな応援メッセージをいただきました♪

おや・・・!?

5

そんな鼻を伸ばして、高みの見物しているのはダレぜよ!?

6

「リョクさん(♀)鳴子の母」でした!
いまはアニマルギャラリーのミナミコアリクイ展示場で、鳴子に代わってのんびり過ごしています。
じつは、ここだけの話・・・
もしかしてだけど!?リョクさんにおばあちゃん疑惑があるのです!!!
 ガイアナ共和国からはるばる来たぜ高知家~♪
 来園時から、シン(♂)と見比べても立派なフルアダルト個体だったリョク(♀)さん。
また、出産育児も幾度か経験している様にも見えた・・・
さらに、ミナミコアリクイの寿命も飼育下で10年とか・・・??
 神さまお願い。私の錯覚、長生きしますように!よっちょれ(笑)

珍獣の名のとおり、まだまだ謎多き、生態の持ち主である「ミナミコアリクイ」。
少しでも長く健康に飼えるよう、これからも生態解明の奮闘は続くぜよ!

著者プロフィール

吉川貴臣(よしかわ・たかおみ)

1974年高知県高知市生まれ
物心がついたころから高知の豊かな大自然のなかで遊び、さまざまな生き物たちと出会い、好奇心旺盛な幼少期を過ごす。犬好き。
高知県立高知小津高等学校・理数科卒業 ボクシング部 
高3の夏、愛犬の突然死をきっかけに獣医師の道を目指す(ドラマ等では、間違いなく獣医師になれます)が、時すでに遅し…パンチドランカーのため、専門学校へ。
日本動物植物専門学院・東京校アニマルケアー科卒業。
1999年より、わんぱーくこうちアニマルランドに勤務。長年の夢だった飼育係となる。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。