日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.32 マナの七五三

2014.12.3

朝の空気がヒンヤリと、福岡もずい分寒くなってきました。今年も残すところ、約1ケ月となりましたね。早いものです。

さて、先月お知らせした通り、11/15(土)にマナの七五三を行いました。
結果から言うと、マナちゃん大興奮!マリンちゃん大活躍!私、トホホ・・な七五三でした。

七五三ならではのアイテムと言うことで用意したのが、こちらの晴れ着と千歳飴。

千歳飴

千歳飴

晴れ着

晴れ着


それからラッコプール横には神社を用意しました。

神社

神社

神社の下に掛けられた絵馬は、職員からマナへのメッセージ入りです。

絵馬

絵馬

千歳飴の袋の中身はサケとホキ(白身魚)を細長く切って作りました。

千歳飴中身

千歳飴中身

普段、見慣れないものを使うときには、当日いきなり見せるとビックリすることがあるので、事前に見せて馴らす必要があります。
そこで、今回も1週間前に社内でリハーサルを行いました。

まず、記念写真はマナをガラス面にご挨拶に行かせて、ガラス越しに衣装を当てるという方法を考えました。
リハーサルで実際に撮ってもらうと、狙ってたような画にはなりませんでした・・・。

記念写真リハ

記念写真リハ

でも、何となく雰囲気はでるかな~と、いうことで、次は千歳飴です。
これはプールに持ち込んだ途端、マナの顔の上に『!!!』が吹き出し付きで見えました(笑)

『んーーーっ?!なんもっとうとーっ!!』と、予想以上の興奮ぶり(汗)
中身より袋の方が気になるようで、『かして かしてーっ!』と、しつこくしがみつく様子を見て、すごく不安になりました。
その後も本番まで何回か見せましたが、見せるだけじゃダメなんです。触って、臭いを嗅いで、自分で確認しないと納得しないことは分かっていますが、マナに渡しても大丈夫なほど、安全で丈夫には作ってないので渡すわけにはいきません。

少し不安を抱いたまま、本番の日を迎えました。
「それじゃあ、始めまーす!」と、合図を出して展示プールのドアを開けると、すでに待ち構えてました。
そして、マナは見てしまったんです!!・・・ドアのすぐ横に置かれた千歳飴の袋を!!
普段から餌の時間にはここで待ち伏せすることが多いことをすっかり忘れてました・・・。

『ココあけたらアレがとれる~』と、ドアノブをカチャカチャしている姿を見て、「失敗した・・・」と、いきなりテンションが下がりそうになりました。

ドアノブかちゃちゃ

ドアノブかちゃちゃ

が、マナちゃんはきっとやってくれる!と信じて七五三を始めました。

最初に、マナの生い立ちをDVDで紹介したあと、元気に得意技を披露。
そしていよいよ記念写真です。
(マナちゃん、おねがい!!ちゃんといってー)と、心の中で叫びながら合図を出すと、それに応えるかのようにバッチリとご挨拶♪

記念写真当日

記念写真当日

・・・をしてくれたのは最初の1回だけ。
どうしても千歳飴が気になるらしく、ドアとプールを行ったり来たりで落ち着きません(涙)
晴れ姿を撮ろうと、カメラを構えられている客さま方のご期待には、マリンちゃんが応えてくれました(笑)

マリンの晴れ姿

マリンの晴れ姿

その後の千歳飴プレゼントでは、ご覧の有り様です↓

ちとせあめー!!

ちとせあめー!!

中身の千歳飴ふうサケを満足気に完食して、無事に(?)七五三は終わりました。

何だか大騒ぎな感じでしたが、マナと一緒にまたひとつイベントをこなせたことをとても嬉しく思います。
そのイベントの度に、マナの成長を感じ、感謝すると同時に、守りきれなかった命たちのことを想います。そして、命の誕生はもちろん、無事に成長することも、同じくらい奇跡的なことだと改めて実感します。

さて、次のイベントは・・・1月のお誕生会です!!
こちらもどうぞお楽しみに♪

また来てね~

また来てね~

著者プロフィール

土井 翠(土井 みどり)

佐賀県出身。1997年4月 マリンワールド海の中道に入社。
同年7月に展示部海洋動物課に配属後、アシカ・アザラシ・ラッコの飼育業務やショー運営を行い、現在に至る。
動物たちは我が子のようでもあり、友達でもあり、一緒に仕事をする大事な仲間。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。