日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.68 楽しみなこと

2018.6.8

九州北部は昨年よりもずいぶん早く梅雨入りが発表されました。
館内では衣替えを迎えて、装いが軽やかになったお客さまを多く見かけるようになりました。
あまりに雨が続くと憂鬱になりますが、大好きな紫陽花が美しく咲いているのを見ると、とても嬉しくなります。
この季節ならではの楽しみですよね。

あじさい

ところで、紫陽花の花のように見えるところ、じつは花ではなく『萼(がく)』なんですって。ご存じでしたか?種類が多く花の色がとてもきれいで、時間が経つと微妙に変化していくところや花もちがいいことも魅力ですよね。

アナベル

そしての季節、わたしがもうひとつ好きなものがこちら。

わたしの好きなもの

ツバメです。
忙しなく何度も何度も餌を運ぶ親鳥の姿と、その姿にいち早く気づき大きな声で元気に鳴く雛たちがなんとも愛おしくて。今年もこの季節が来たな、と思うんです。

さて、最近はラッコのオリジナル商品の作成に関わっています。
商品のモデルがマナなので、写真が必要でちょこちょこと撮影に行っています。
撮りたい画のひとつ目はイカを受けとる姿。

イカを狙うマナちゃん

すました顔で受け取るマナちゃん


何だかイマイチです。
ふたつ目はかわいい顔。
・・・なんですが、これまた、こんなんとか。

こんなんとか。

なかなか上手に撮れなくて、「難しい~!」と言いながら苦戦していたら、リロが冷ややかな眼で見ていたのでこちらもパチリ。

なんしよぅと?

せっかくだから、自分が撮った写真を使いたかったのですが、納得いくものが撮れず、別の写真を使うことになりそうです。

えー!ダメやん!

業者さんとのやり取りも初めてでよく分からなかったので、途中はちょっと落ち込むこともありましたが、サンプルが届くたびに商品が出来上がっていく過程を実感しています。
どんな商品を作っているかは、まだひみつです♪
出来上がったらしっかり宣伝しますので、夏のお楽しみとしてお待ちください!

著者プロフィール

土井 翠(土井 みどり)

佐賀県出身。1997年4月 マリンワールド海の中道に入社。
同年7月に展示部海洋動物課に配属後、アシカ・アザラシ・ラッコの飼育業務やショー運営を行い、現在に至る。
動物たちは我が子のようでもあり、友達でもあり、一緒に仕事をする大事な仲間。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。