日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.81 マリンワールドの夏祭り

2019.7.26

今年は九州北部の梅雨入りが遅かったこともあり、7月の中旬だと思えないくらい涼しくて過ごしやすい日が続いています。
そんな中、マリンワールドでは毎年恒例の夜のすいぞくかんが始まりました。

夜すい始まったと?

今年のテーマは『マリンワールドの夏祭り』。夏祭りといえば、ちょうちんや灯篭などのぼんやりとした灯り、金魚すくいや射的などの露店に花火など、何となくレトロで日本的な雰囲気が魅力でわたしも大好きです。

でっかいデメキン!!

館内では九州各県のお祭りをそれぞれ装飾品と一緒に紹介していて、中には職員手作りのものもあります。

阿蘇 水の森もいい感じです

その中で福岡のお祭りとして紹介しているのは『放生会』。
さて、この『放生会』、何と読むかお分かりになりますか?
正解は『ほうじょうや』。正しくは『ほうじょうえ』とも言われますが、福岡では一般的に『ほうじょうや』と呼ばれています。
放生会は、毎年9月に筥崎宮で行われる「万物の生命をいつくしみ、殺生を戒め、秋の実りに感謝する」お祭りで、博多どんたく、博多祇園山笠と並び、博多の三大祭りに数えられています。生きとし生けるものを供養するということで、普段から生き物たちと接しているわたしたちには欠かせないと、わたしも入社した年に先輩方に連れて行ってもらいました。
その他にも大分の日田祇園祭、鹿児島県出水市のいずみマチ・テラス、長崎のランタンフェスティバルなど、なかなかいい雰囲気の展示になっています。

ランタンフェスタ

いずみマチ・テラス

さぁ、夜のすいぞくかんが始まったということで、ラッコたちも『夜のラッコライブ』をがんばっています。今年の夏は2人の新人トレーナーがデビューを目指していますので、先月まで行っていた訓練は一旦休止することになりました。
ラッコたちも訓練が足踏み状態だったので、休憩するのにちょうどいいタイミングだったかもしれませんね。
なので、今月はラッコたちのことは書けないんですが、これまたちょうど良いタイミングで紹介したいことがあります!
この夏、オリジナルぬいぐるみdou douともだちシリーズのマリンワールドオープン30周年記念モデルが出来ました!

そうなん?! By:リロ

dou douともだちシリーズは、昨年夏に作ったオリジナルのぬいぐるみで、第一弾のラッコに続き、今年の春には第二弾として、ケープペンギンが仲間入りしました。どちらもたくさんのお客さまがお買い求めくださっていて、本当にありがたい限りです。
そして、今回デビューしたのは全長90cmのビッグサイズ!インパクトがある大きさですが、かわいいです♡

企画決定後、最初に出来たサンプルはともだちラッコをそのまま大きくしたので、頭や鼻などのサイズやバランスがとても悪くて、う~ん・・どうかなぁ・・・という感じでしたが、その後、それぞれのパーツのサイズや全体的なバランスの見直しをして、手に持たせていたイカを外しました。手の平を表現するのは難しかったんですが、モフっとかわいい手に仕上がりました。

手がかわいい♡

また、既存のともだちラッコをお腹の上に乗せて、親子ふうに楽しむことも出来ます♪
記念モデルで完全に数量限定なので、わたしも早めに買っとかないかん!と思っています。

セットもかわいい♡

時々ショップには、ラッコグッズばかりをお買い求めのお客さまがいらっしゃいます。最近はそういうお客さまに声をおかけするのは止めましたが、オリジナルの商品を手に取っていただけることはとてもうれしものです。
わたし自身も既成品でラッコのものを見つけると迷わず買ってしまいますが、自分がこのままショップ業務を続けることが出来るならば、ラッコのオリジナルグッズを今後も作りたいと思っていますので、どうぞお楽しみに。

楽しみにしとってね~

著者プロフィール

土井 翠(土井 みどり)

佐賀県出身。1997年4月 マリンワールド海の中道に入社。
同年7月に展示部海洋動物課に配属後、アシカ・アザラシ・ラッコの飼育業務やショー運営を行い、現在に至る。
動物たちは我が子のようでもあり、友達でもあり、一緒に仕事をする大事な仲間。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。