日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.36 イベント三昧でした

2015.4.5

 道路脇に菜の花がきれいに咲いて、天気が良い日中はコートがいらない程あたたかく過ごしやすい日が多くなってきました。もうすぐ春ですね♪

 1月に行った、マナちゃん3歳のお誕生会に引き続き、2月にはリロのバレンタインイベントを行いました。
ハート型の氷の上に、更にハートの装飾をして『LOVE RIRO』のメッセージ入り。

ハート氷

ハート氷

 練習では、わたしからマリン→リロへと、うまくハート氷が渡ったのですが・・・。

わたしからマリンへ

わたしからマリンへ

マリンからリロへ

マリンからリロへ

満足そうなリロ

満足そうなリロ

 本番では、わたしがマリンに渡すのを察して、我慢できずにすぐに奪い取ってしまいました(涙)

あ!それは!!

あ!それは!!

早よくれ!

早よくれ!

しかも、そのあと、お客さまの目の前のガラスに叩きつけて割って食べるという、何ともワイルドな行動に・・・。

ガラスで叩き割る!

ガラスで叩き割る!

豪快に食らう!

豪快に食らう!

でもまぁ、リロがメインのイベントはこれが初めてなので大目にみましょう。

 今回のバレンタイン企画は、季節のイベントにただ乗っかったわけではなく、今年こそは2頭の間に赤ちゃんが出来ますようにとの思いを込めて行ったものです。
去年、おととしは交尾は確認されるものの妊娠に至らない残念な結果でしたので、今年は例年より早い時期に2頭を同居させたところ、長い時には40分以上ものしっかりとした交尾が確認されました。

マリンにひっつくリロ

マリンにひっつくリロ

 高齢なマリンにとって、妊娠できるのは今年が本当に最後のチャンスかもしれません。がんばってもらいたいですね。

 また、3月3日にはマリンとマナのひな祭りイベントを行い、特製の海鮮ちらし寿司ふうのエサとひし餅で今後の成長と、仔授かりを祈願しました。

ちらし寿司を食べるマリン

ちらし寿司を食べるマリン

ひし餅をもらうマナ

ひし餅をもらうマナ

 と、いうことで、一通りのイベントが終わったので、マナはしばらく一人暮らしをすることに。以前はかなり慎重に行っていた、この一人暮らしやマリンとの同居にも、何の不安も抵抗もなくなりました。それはそうですよね。もう3歳ですもん。もう少し体がしっかりしたら、そろそろ繁殖にも関われる年齢です。一頭でプールを自由に泳ぎ回るマナを見て、本当に大きくなったなぁ・・と、本当に嬉しく思います。

一人暮らし

一人暮らし

 相性が良く、繁殖の期待が持てるリロとマリン、そして現在最年少でこれからが期待されるマナがラッコ界をリードしてくれますように、わたしたちも出来るだけのサポートをしていきます。

著者プロフィール

土井 翠(土井 みどり)

佐賀県出身。1997年4月 マリンワールド海の中道に入社。
同年7月に展示部海洋動物課に配属後、アシカ・アザラシ・ラッコの飼育業務やショー運営を行い、現在に至る。
動物たちは我が子のようでもあり、友達でもあり、一緒に仕事をする大事な仲間。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。