日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.43 ラッコライブ

2016.5.16

今年もつばめたちが巣作りにやって来ました。そろそろ暑くなりますね。

GWは毎年恒例の夜の水族館。もちろん『ラッコライブ』も行いました。これは私たち飼育員がビデオカメラを使って、ラッコたちに近づき、その様子をモニターで会場のお客さまにお見せするというイベントです。
マリン抜きの、リロ1頭での初めてのライブです・・。10日間連続、無事に乗りきれるのか、とても不安でした。

最近のお気に入り

最近のお気に入り

今までだと、いつもと違う時間にもらう餌に興奮するのか、夜の水族館開催中は食欲も食べるスピードもぐんと上がるので、餌の量を増やすとてもいいきっかけになっていました。今年もそうなればいいなぁと思っていたところ、前半は「あれ~?こんな時間に餌ですか?あ!もしかして夜の水族館?!」と、少し張り切っていましたが、ちょうど半分が過ぎた頃からリロに異変が・・。
ライブ前に寝るようになってしまったんです(;´д`)

スヤスヤ

スヤスヤ

でも、しょうがないのかもしれません。わたしたちにとってはライブ本番前だけど、リロにとっては、いつもだったら寝始める時間帯なんですもん。
ごめんねー、リロ。もう少しがんばろうね~と言いながら、何とか残り半分も乗り切ってくれました。

ところで、わたしは今回のラッコライブで驚いたことがあります。それは、他のメンバーのライブがすごくおもしろくなったこと。 マリンがいない穴をどう埋めようかと悩んでたのはわたしだけで、みんなは絶妙なカメラワークでリロの魅力を存分に引き出していました。 しかも、リロとの関係もみんなの方がグッと近いような気がしました。

ハイタッチ

ハイタッチ

ライブではフレームアウトすることも・・

ライブではフレームアウトすることも・・

やっぱり、離れちゃうとダメなんだなぁ・・と、思いっきりブランクを感じて、自分が休んでた間、進み続けたメンバーを前に、思いっきりおいてけぼり感を味わいました。
 このことは、他のメンバーには話していませんが、夏休みのラッコライブでは絶対に挽回してやるぞ!と、おとな気なく、密かに闘志を燃やしています。

マナちゃんは出番ナシでした

マナちゃんは出番ナシでした

著者プロフィール

土井 翠(土井 みどり)

佐賀県出身。1997年4月 マリンワールド海の中道に入社。
同年7月に展示部海洋動物課に配属後、アシカ・アザラシ・ラッコの飼育業務やショー運営を行い、現在に至る。
動物たちは我が子のようでもあり、友達でもあり、一緒に仕事をする大事な仲間。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。