日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.31 マリンワールド25周年!

2014.11.9

ある日のラッコプール前。

大がかり!

大がかり!

だいぶ大がかりです。
何の取材?!写真ではよく分かりませんが、私の後ろではマナちゃんも「カメラ?土井さんだけなん?あとで中はいってくるとよね~?」と、大騒ぎしています。
実はこれ、テレビの取材じゃなくて、マリンワールドの開館25周年記念の映像集の撮影なんです。
オープンから25年間にあったいろんな出来事。その中でも代表的なことをパネルにして館の入り口に展示しています。そのひとつひとつについての撮影を行いました。

エントランスのパネル展示

エントランスのパネル展示

マナの人工哺育も、マリンワールドの歴史に残るとても大きな出来事です。

マナの人工哺育パネル

マナの人工哺育パネル

撮影では、マナが生まれたときのこと、その後の親子の様子、人工哺育に切り出すまでのこと、決断したときの気持ち、人工哺育の様子・・・たくさんの質問に答えながら、当時を思い出して胸が熱くなりました。

マナ誕生時

マナ誕生時

哺乳

哺乳

泳ぎの練習

泳ぎの練習

監督さんからの「もう、立派に大きくなってるもん。心配することはないでしょ。人工哺育は成功ですね!」の言葉に、(いやいや、いつまでも心配なんですよ!)と言う本音をぐっと堪えて「そうですねー。」と、にこやかに答えて撮影は終わりました。

マナがこのまま順調に成長して、いつかお母さんになったときに私たちは胸を張って人工哺育は成功したと言えるんでしょうね。

おおきくなったよ?

おおきくなったよ?

その日を迎えられますように、マナの健やかな成長を願って、11/15(土)に七五三のお祝いをします!今、七五三と言えば!なアイテムを色々と準備中です♪
そのひとつがこちら↓

衣装

衣装

衣装です(笑)
これをどうするのかは・・・当日をお楽しみに~。お近くの方はぜひお越しくださいね!

著者プロフィール

土井 翠(土井 みどり)

佐賀県出身。1997年4月 マリンワールド海の中道に入社。
同年7月に展示部海洋動物課に配属後、アシカ・アザラシ・ラッコの飼育業務やショー運営を行い、現在に至る。
動物たちは我が子のようでもあり、友達でもあり、一緒に仕事をする大事な仲間。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。