日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.46 ラッコライブとラッコの食欲

2016.8.12

 「今日も猛暑日になりそうです。」天気予報でこのフレーズを聞かない日はないほど、本当に毎日暑い日が続いています。
 大人気のイルカショーは、水しぶきをあびて、びしょ濡れになった子どもたちの歓声でいつも大盛り上がり。「キャーッ!」と言う元気な声ととても嬉しそうな笑顔を見ると、こちらまで元気になれます。子どもたちのパワーってすごいですね。

イルカショー

イルカショー

 さて、夏のマリンワールドと言えば『夜の水族館』。8/31までは毎日21:30まで営業しています。夜の水族館のイベントとして『夜のラッコライブ』が仲間入りして今年で3年目です。GWは10日間連続でしたが、夏は長丁場になるので土日祝日限定で行っています。

 

 リロも「あ~、この季節が来ましたか~」と、思っとるんかな?
 毎週末、しっかりとこなしてくれています。

リロくんスイッチ オン!

リロくんスイッチ オン!

 ライブを行う、わたしたちラッコ担当は普段はアシカショーのトレーナーやイルカショーのナレーターなどもしていて、お客さまの前で喋るのには慣れているんですが、どのメンバーも「ラッコライブが一番緊張する」と言います。もちろん、わたしもそう!実は、本番前は必ず緊張でお腹が痛くなります(笑)でも、わたしが上手にしゃべれなくてもモニターにリロの顔が写るだけで会場からは「わ~っ!!」と言う歓声があがります。ラッコは本当に愛らしいどうぶつですね。

リロくんアップ

リロくんアップ

 ちなみにラッコライブは飼育員が小型のカメラを使ってラッコたちに接近して、その姿をモニターで会場のお客さまにお見せするというイベントで、リロくんがメイン。隣のプールにいるマナちゃんはモニターに映ることはないんですが、放っておくとこのように ↓

おーい・・なかまに入れて~

おーい・・なかまに入れて~

猛アピールしてきてかわいそうなので、ライブ中はリロと一緒に餌をあげています。

 何度かお話したことがありますが、ライブを行うと、必ずと言っていいほど、ラッコたちの食欲が上がります。会場が盛り上がると、わたしたちのテンションも上がるので餌をどんどんあげてしまって足りなくなることもあります。なので、ラッコライブを行う期間は餌量と体重アップの大チャンスです。
 夜の水族館が始まってもうすぐ1ヶ月。ずっと32キロ代をキープしていたリロの体重が、今月33キロを超えました!

33キロ!!

33キロ!!

 今までも33キロ代に乗ったことはありますが、この夏は初の34キロが目指せるかも?!
 マナちゃんは21キロをキープしていて、これがしばらく続くと暴れん坊スイッチが入るんですが、今のところ大丈夫そうです♪
 外は暑くて、食欲もなくなりそうですが、ラッコたちは食欲旺盛!元気いっぱいです!

イェーイ!

イェーイ!

著者プロフィール

土井 翠(土井 みどり)

佐賀県出身。1997年4月 マリンワールド海の中道に入社。
同年7月に展示部海洋動物課に配属後、アシカ・アザラシ・ラッコの飼育業務やショー運営を行い、現在に至る。
動物たちは我が子のようでもあり、友達でもあり、一緒に仕事をする大事な仲間。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。