日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.24 4才の誕生日

2018.5.18

みなさんこんにちは!
5月も半ば、汗ばむ日もありますが、元気にお過ごしでしょうか?
ときわ動物園では、一年で一番にぎやかなGWを終え、新たな命の誕生もひと段落、ほっと一息といったところでしょうか。

たくさんのお客様にご来園いただいて楽しく大忙しだったGW真っただ中の4月30日に、ハヌマンラングールのタラは4才の誕生日を迎えました。

当日はイベントが多くばたばただったので、翌日5月1日の飼育員ガイド時にサツマイモやニンジンで「4才オメデトウ」と書いたごはん文字でささやかにお祝いしました。
文字がちゃんとわかる状態の写真を撮り忘れ…ごめんなさい…

 

そしてふだん食べているエサを飾り付けただけなのですが、いつもと違う様子にびっくりされてしまい、なかなか室内に入ってきてくれないタラ…

 

結局、ほとんどをお母さんのリンダが食べてしまって終了…

ご、ごめんね!

お祝いはちょっぴり残念でしたが、タラの4才の誕生日をこうして家族4頭でいっしょに迎えられて、本当にうれしいです。

 

ハヌマンラングールの人工哺育は、他の動物園で前例があったものの、1才になる前に亡くなってしまった例が多く、他の個体との同居以前にしっかり育ってくれるだろうかという不安でいっぱいだったことを、この季節になると思い出します。

もりもり食べて、生まれたときは500gちょっとだった体重も今では7㎏を超えました。
おとなたちは12㎏ほどなので、まだまだこどもではありますが、体重測定のたびに増える数字が毎回とってもうれしいです。どんどん大きくなってね!

    

GWは、動物園が一年で一番にぎやかになる時。
いつもよりお客様が多くにぎにぎしい様子にびっくりしたり疲れてしまったりするのか、体調を崩す動物がでてしまうことも少なくないので、私たち飼育員はいつも以上に動物たちのケアに注意を払います。イベントも盛りだくさんで、お客様の迷子が続出するなど、何があるかわからないので緊張感もあります。

 

それでも、たくさんのお客様にお会いできてとっても楽しいので、私にとっては忙しさよりも楽しみのほうが多く、動物園に就職してからすっかり五月病知らず。
さらに、毎年タラの誕生日をみなさんと一緒にお祝いしてじーんとなったり…
これからも、お客様と動物たちと、すてきな思い出を積み重ねていきたいです。

 

次回は、この春出産したサルのお母さんたち、“Monkey mothers”のお話です!

著者プロフィール

川出比香里(かわで・ひかり)

1991年生まれ 埼玉県出身
専門学校を卒業後、埼玉県こども動物自然公園でのアルバイトを経て、2012年にときわ動物園就職。偶蹄類が好きでサルは大の苦手だったが、担当になるとあっという間に夢中になり、今では3児(すべてサル)の母。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。