日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.6 冬限定。ふれあいの森

2013.2.18

みなさん、こんにちは!那須どうぶつ王国の高井です。今朝の最低気温はマイナス12度…春はまだまだ遠いようです。カピバラの森にもたくさんの雪が積もっています。
当人達(当カピ達は)…なんか足が冷たいなぁ…。ぐらいにしか思っていないようですが。笑

ちめたい。左手ぴょん。

犬は喜び庭かけまわり~♪カピは端でちぢこまる~♪の状況。笑

そもそも、カピバラは南米に生息をしている動物です。その為、毛や体も防寒対策は出来ているわけもなく…。冬、ましては雪なんて、大の苦手!な訳です。夏は、泳いで陸に上がったらすぐに乾きやすくていい毛質なんですけどね。
なので、那須どうぶつ王国でも掃除の際に飼育員が日光浴がてらお外に出す程度で、基本はエアコンで温度管理された獣舎の中にいるのです。

早く帰りたいデス。の図

「えー!それじゃぁ見れないの??」とお思いのそこのあなた。
会えます。会えるんです。カピバラに。

冬季営業期間(詳しくは那須どうぶつ王国HPをご覧下さい。)は、雪深く気温もマイナスになる日も多いためタウンエリアのみの営業となります。夏場、外でふれあいをしていたウサギやカピバラ、アルパカ等もこの時期は屋内施設にぎゅっ!!!と集まります。そこでのんびり~まったり~ふれあえるんです。
それこそが!ふれあいの森!!です。

あったかい室内でまったり動物とふれあおう!

このエリアで会えるのは…ヤギ・ヒツジ・アルパカ(この3種はある程度寒くても大丈夫ですが、ファームエリアがクローズ中で会えないため、オープンしているタウンエリアにてふれあい)と、ウサギ・モルモット・カピバラ・マーラ等です。『ふれあいの森』では、おやつをあげることが出来るので是非体験してみて下さい。

アルパカのルカちゃん。

さわってもらうの大好き♪一緒に写真とろーね!

カピバラのハリーとボーン。

あっ!おやつだ!もっと頂戴!


冬は寒くって、なかなか外に出るのが億劫になりますが、是非冬ならではの動物園もなかなかいいですよ!人間も動物もみんーなで、ふれあいを通じて心をHAPPYで満たして、あったか~い時間を過ごしましょう♪
ふれあいの森の中に居る隠れフクロウを見つけた貴方には、福が来るかも!

著者プロフィール

高井梢 (たかい・こずえ)

1984年12月8日 B型 
大阪コミュニケーションアート専門学校卒業
東京生まれ、大阪育ち
ショー解説では標準語 プライベートでは関西弁を操る
小さな頃から「動物園のお姉さんになる」のが夢で、現在はレッサーパンダ・カピバラ・インコ オウム類の飼育管理と、ネコとインコのショーの主任トレーナーとして日々奮闘中
「人と動物の懸け橋になる!」が永遠のテーマ

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。