日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.31 Dream night at the ZOO

2016.7.17

少し前・・・いやもう1ヶ月以上も前になりますね・・・
6月4日に開催されました!「ドリーム・ナイト・アット・ザ・ズー」!

皆さんはこの言葉聞いた事ありますか?
恥ずかしながら私自身、昨年初めて耳にした言葉でした。

「ドリーム・ナイト・アット・ザ・ズー」とは、毎年6月の第一金曜日の夜に、障がいのある子供たちとその家族を動物園に招待し、気兼ねなく楽しいひとときを過ごしてもらう国際的なイベントです。
1996年にオランダのロッテルダム動物園が癌を患っている子どもたち175人とそのご家族を招待したことから始まったそうです。

那須どうぶつ王国では、今年で2回目の開催となりました。
沢山のお客様に来ていただき、動物達と触れ合って楽しそうにしている姿、驚く姿を見て、お迎えする側の私もとても楽しむことができた1日でした!!
ありがとうございました。

開国直後の様子

開国直後の様子

ということで、今回はその中で行ったパフォーマンスとショーについてお話しますね♪

まずは王国内の様子~

ドッグパークではワンちゃんたちと触れ合ったり、記念撮影会。
可愛く、かっこよく撮れたかな?

水辺エリアではアザラシの笑大にお魚をあげていましたよ。
上手にあげられたかな?

ファームエリアはクローズのため、特別に馬がタウンエリアにやってきて、引馬体験を開催。
初めて乗る馬どんな感覚だったかな?

タイハクオウムのライラは得意のお喋りと、持ち前の元気の良さですぐに皆と打ち解けます。
鳥って結構嫌いな人多い気がするけど、好きになってもらえたかな?

イベント館の前ではオットセイの特設ステージが作られ、運動神経の良さを披露。
オットセイの魅力に気付いてもらえたかな?

不動の人気!カピバラの森ではカピバラたちが気持ちいい~顔~
この顔に癒された人が何人いたんだろう?

そんなことを思いながらも王国内はたくさんの笑い声であふれていました(*^-^*)

お次はショーの裏?話。

ショーチームのスタッフは、特別ショーを行うため少し前から準備を始めます。
王国ではショーのチームが4チームあります。
今回はその2チームが力を合わせてショーを作りました。
内容は「犬と鳥のスペシャルパフォーマンスショー」です。
一夜限りのパフォーマンスショー、テーマはもちろん!
「夢の様に楽しい時間を過ごしてもらう」です。
以前のコラムでもお話がありましたが、王国のショーは構成から、音響、MC、備品、などなどショーに関わること全てをショーチームで決めています。
まずは、2チームのリーダー同士がミーティングをして、どの動物とショーをするのか、どんな内容にするのか、スタッフは誰が出演するのか・・・など大まかなことを決めます。そして出演するメンバーでミーティング、細かいことが決まったら動物達のトレーニング、人間の動きを練習していきます。
そんなこんなでだいたい出来上がったら、本番と同じように動いてみての「通し練習」というものを行います。
ここでも、終わった後にはメンバーで集まり微調整をしていきます。
「ここはこういう喋りの方が良い!」「あそこはこういう動きの方がスムーズだね?」「なんならいっそのことあれとこれを逆にしてしまうか?!」・・・といった具合で意見を出し合って皆で最高のショーを作り上げていくのです♪

そしてそれぞれの役割に責任とプロとしてのプライドを持っていざ本番に挑むわけなんです!!

今年MCを勤め上げたスタッフは、毎日動物舎の掃除や世話をしながらセリフをブツブツぶつぶつ・・・何をしていてもどこにいてもセリフがすらすらと出てくるくらい頭に入っていないと伝えたいことに心を込められないですからね(´・ω・`)こういった特別ショーの場合、覚える期間も短かったり、1回しか行わないのでMCはかなり気合を入れるんです。
もちろん他のメンバーもMCを支えるためにも、自分のスキルを上げるためにもそれぞれ練習を行っていましたよ♪

そして気になるのは、本番がいったいどうだったか・・・ですよね?

ミルキーワシミミズク:蘭ちゃん

ミルキーワシミミズク:蘭ちゃん

ボーダーコリー:シャインくん

ボーダーコリー:シャインくん

それはそれはもう大盛況!
皆さんの笑顔、動物たちを見るきらきらとした瞳。最後には自然と大きな拍手が湧き、出演メンバー全員楽しむことができ、胸に熱いものが刻まれたショーになったのではないでしょうか?
・・・ただ、それぞれに課題が見つかったことも確か。
私たちはもちろん毎回このショーが1番!と気合いを入れて行ってはいるものの、そこで満足はしていません。というかしてはいけないと私は考えています。
だからこそ王国のショーは日々驚きと感動が生れるのです!!

ということで皆さん、スタッフ一同これからも頑張っていきますのでどんどん進化する那須どうぶつ王国、優しく見守って頂けると嬉しいです(*’ω’*)

ショーを終えた後に記念撮影♪ すべて終わって安心しきっているの図・・・(笑)

ショーを終えた後に記念撮影♪
すべて終わって安心しきっているの図・・・(笑)

著者プロフィール

国見知里 (くにみ・ちさと)
1989年8月2日生まれ
出身校:大阪コミュニケーションアート専門学校 動物園・動物飼育専攻
神奈川県横浜市出身、中学は高知県、高校から専門は大阪で過ごす。
ショーやパフォーマンスを通じて沢山の人に動物の魅力を伝える!がモットー。
チャームポイントは笑顔!!

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。