日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.37 3年ぶりの誕生!

2017.8.29

今回は、前回最後にちょろっと話した6月8日に産まれたミナミアメリカオットセイの赤ちゃんについてのお話です。

お母さんオットセイは、マールの母親でもあるローナ。

ローナ

性格は他の子に比べるとちょっと神経質、毎日食べているお魚のアジでも少し形が変わるだけで食べなくなったりして飼育スタッフを困らせることもしばしば・・・
ちょっぴりどんくさいところもあって、新しい技を教えるときは丁寧にゆっくりわかりやすく教えてあげないと上手くできません。
でも実はすごく頑張り屋さんで、できるようになると正確にこなす真面目な一面も(*^-^*)
王国のオットセイで唯一「舌出し、べ~」ができる女の子です♪

お父さんオットセイは、マールとは違う「ソール」というイケメンオットセイ。

ソール

ソールは、毛並みがすごく柔らかくて声が一番高く、目はクリクリ顔もシュッとしていてすごくキレイな男の子です。
性格は急かされるのが苦手なマイペースで、なんだか何を考えているのかイマイチ掴めないタイプ・・・もしかすると何も考えていないかも・・・(´-ω-`)

そんな2頭から今年の6月8日に男の子が誕生しました!!

名前は「セゥ」君です。
ポルトガル語で「空」という意味。
お父さんのソールがポルトガル語で太陽という意味なので、そこからとって空のように大きく成長しますようにという意味も込めて名付けました!!
今のところ毛並みはお母さん似、顔はお父さん似、性格は・・・まだ分からないかな~といった感じです。

王国ではマールに続いて2頭目の赤ちゃんで3年ぶりの出産でした。
3年ぶりということで、私たちも色々と思い出しながらドキドキワクワク!
産まれるまではローナのお腹で元気よく動いているかなどの胎動を毎日確認したり、マールを育児放棄したことも含めて今回はどのように管理するか担当者で話し合い、無事に産まれてこれるように準備をしてきました。
出産兆候が見られいつ生まれてもおかしくないぞーーー!と全員が気合いたっぷりな中、確認しに行くたびに空振り2日・・・ローナはケロッとしていて「何しに来たん?まだやで?」と言われているようで「うぅぅぅ~まだかぁ・・・」と複雑な気持ちに・・・
前回は出産兆候が出てすぐに産まれたので少し心配しましたが、夜に無事産まれてきてくれました( ;∀;)

さぁここから無事に子育てをしてくれるか・・・と全員祈るようにローナを応援しましたが、赤ちゃんに対して威嚇行動が見られ、お乳も吸わせていなかったため人工哺育に切り替えられました。
産まれたときはかなり元気よく鳴いていましたが、ミルクを飲んでいなかったため取り上げた時は鳴き声に少し元気がなく心配しましたがすぐにミルクを飲んでくれてホッと一安心。
マールを育てた時の経験を活かし、今回は吐き戻しや体調不良は見られず今の所元気に育ってくれています。
産まれてきた時の体重が約5キロ、生後約2ヶ月には2倍の10キロにまで成長しました!!

オットセイの赤ちゃんは生まれた時から親と同じ姿形で生まれてきますが、頭が少し大きくて顔を持ち上げるのが大変そうです。
歩いたり、泳いだり、毛づくろいするためのヒレもすごく頼りなくてふにゃふにゃ・・・
体中に生えている毛も生まれて2週間くらいはすんごく柔らかいんです♪
セゥ君も上手に歩けなかったり、走りたいけどヒレが上手くついてこなくて途中でこけたり・・・自分のヒレを不思議そうにじーーーっと見ていたかと思ったらガジガジかじってみたり・・・スタッフの膝の上に登ろうとして頑張ってヨジヨジしては転がってみたり・・・
とすごく可愛い赤ちゃんです(*^-^*)

まだふにゃふにゃな頃のセゥ

でも子供の成長ってとっても早いですよね・・・( ;∀;)
現在もミルクを飲んではいますが、赤ちゃんとは呼びづらいくらいしっかりして、「子供」になりました。
生後1ヵ月までには足腰がすごくしっかりしてきて、壁なんかをヨジヨジして高いところに登れるようになっていました。
それから、お水に入る練習もしてきました。
オットセイと言えど、最初は溺れることもあるため浅い所からぴちゃぴちゃ練習から始めます。
楽しそうに遊びながら水に慣れて、1週間もすれば顔をつけてブクブク~とすることを覚えました♪そこからはもぅ何かに目覚めたかのように急成長!!
それまでは少し深くするとお腹をつけるのが嫌なのかつま先?ヒレ先?で頑張ってお腹を浮かせて歩いていたのに(笑)、スイスイ~と泳ぎ始めました(*^-^*)
水を深くするととっても楽しそうにバシャンバシャン泳いでは陸に上がって体をゴシゴシ。疲れて爆睡・・・また起きたら元気よく泳いではゴシゴシ・・・
この体ゴシゴシ、濡れた体を乾かして毛づくろいをしているんですが、個体によってやり方が少しずつ違うようでセゥ君のゴシゴシはお母さんのローナのやり方にそっくりなんです。
どんなかと言うと、やたらとセクシーなポーズで腰の辺りを念入りにゴシゴシゴシゴシします(笑)
ぜひ皆さんにもこのセクシーゴシゴシを生で見て頂きたい国見です(*^-^*)

産まれてからまだ2カ月半ですが、まだミルクしか飲んでいないですが、
一丁前にミナミアメリカオットセイです(*^-^*)

ミルクゴクゴク~

離乳をして、自分で魚を食べるようになるまではまだまだ気は抜けないですが、長いようで短い?子育てを楽しみながら私たちもお母さんとして日々勉強、成長していきます! スタッフの愛情たっぷりに受けて成長しているセゥ君にぜひ会いに来てくださいね♪

P.Sセゥ君、写真を撮りに行くと遊んでほしくて私の周りを動きまくるので、全部ブレます・・・今写真を撮るのが難しい動物ナンバー1です(笑) ということであまり写真がありません(泣)

著者プロフィール

国見知里 (くにみ・ちさと)
1989年8月2日生まれ
出身校:大阪コミュニケーションアート専門学校 動物園・動物飼育専攻
神奈川県横浜市出身、中学は高知県、高校から専門は大阪で過ごす。
ショーやパフォーマンスを通じて沢山の人に動物の魅力を伝える!がモットー。
チャームポイントは笑顔!!

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。