日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.23 那須どうぶつ王国の魅力

2015.2.7

1月分を書こう…書こう…と思っていたら
2月になってしまいました。
みなさま、今年もよろしくお願いいたします。

常連の子と作った雪だるま

常連の子と作った雪だるま

さて、2015年初めのコラムは「動物」は少し置いておいて、「飼育員」に注目してみましょう。
写真が多めの回なので、飼育員の表情もお楽しみください。

那須どうぶつ王国の動物管理部は4つのチームに分かれています。

イヌ・ネコ・ウサギなどのふれあいを主に担当するタウンAチーム。

ボルゾイをお客様に紹介する飼育員

ボルゾイをお客様に紹介する飼育員

安心してふれあえる犬たち

安心してふれあえる犬たち

スモールアニマルハウスではフェレットも触れます

スモールアニマルハウスではフェレットも触れます

オグロプレーリードッグ

オグロプレーリードッグ

水辺の動物(ペンギン・パフィン等)やオットセイショー・ドックショーを行うタウンBチーム

オットセイを連れてパフォーマンス

オットセイを連れてパフォーマンス

ケープペンギン

ケープペンギン

パフィン

パフィン

ザ・ドッグ(スポーツドッグのショー)

ザ・ドッグ(スポーツドッグのショー)

カピバラ・インコのふれあいとレッサーパンダ・ビントロングなどの展示管理。
キャットショー・インコショーを行うタウンCチーム(←ここが私の担当です)

ルリコンゴウインコを手に乗せて

ルリコンゴウインコを手に乗せて

レッサーパンダのジジ

レッサーパンダのジジ


カピバラ

カピバラ

木登り大好きビントロング

木登り大好きビントロング


インコのショー「ザ・パロッツ」

インコのショー「ザ・パロッツ」

猫のショー「ザ・キャッツ」

猫のショー「ザ・キャッツ」


そしてファームチーム。
ファームショー・バードショーの他にも馬のライドやカンガルー・アルパカの
ふれあい等エリアも広く一番人数の多いチームです。

羊をお客様に触ってもらってニッコリ

羊をお客様に触ってもらってニッコリ

アルパカ

アルパカ


オオカンガルー

オオカンガルー

お話をしながらゆっくり歩く 引き馬

お話をしながらゆっくり歩く 引き馬

王国の飼育スタッフは、笑顔がとっても素敵です。

さて、少しさかのぼりますが
王国は毎年、元日も営業しています。
飼育員もほとんど出勤。
なので、今年の抱負を一人一人言いました。
毎年チームリーダーだけなので、今年からの取り組みです。

抱負を言い合うと、それぞれの考えていることがよくわかりますね。
おもしろいことに、管理動物が違うチームの違う人間が、入社歴によって、感じること・見えている事が似てきます。
例えば、入社2年目だったら「段取り良く、効率を考えて動く」とか。
入社3年目だったら、「もっと視野を広く持ち、観察力を身につけます」とか。

そして、全体を通して「昨年よりもお客様に楽しんで頂く!」と感じています。
ショースタッフであれば、MCを磨く!だったり、パフォーマンスの種類を増やす!だったり。

当たり前のことですが、それぞれに真剣に動物やお客様に向き合って、感じ、考えているようです。 それは、動物管理部に限らず!王国全体が!です。

王国に来た時には、是非動物が可愛いなぁーだけではなく、スタッフにも注目してみてください。
お客様を、喜ばせ、驚かせ、感動させたくて、ウズウズしているスタッフが、きっと親切に色々教えてくれるはずです。
スタッフに話しかけることは、動物園を楽しむ方法のひとつですよ!
新年の抱負を胸に抱き、気持ち新たに皆様をお迎え出来る日を楽しみにしています!!

みなさん、那須どうぶつ王国でお会いしましょう!!

著者プロフィール

高井梢 (たかい・こずえ)

1984年12月8日 B型 
大阪コミュニケーションアート専門学校卒業
東京生まれ、大阪育ち
ショー解説では標準語 プライベートでは関西弁を操る
小さな頃から「動物園のお姉さんになる」のが夢で、現在はレッサーパンダ・カピバラ・インコ オウム類の飼育管理と、ネコとインコのショーの主任トレーナーとして日々奮闘中
「人と動物の懸け橋になる!」が永遠のテーマ

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。