日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.40 あの場所は今!!

2018.2.26

こんにちは(*^^*)
2月の王国は冬真っ盛り!!ということで雪が沢山降りました。
私は寒いのがかなり苦手なので、早く暖かくならないかな~と毎日思うのですが、雪をとっても楽しんでいる担当動物を見ると冬もいいもんだなぁとも思います。
それから、来園したお子さんたちが雪玉を作ってお父さんと雪合戦をしていたり、雪にダイブしていたり、凍った雪の上を滑って遊んでいるのを見たりするとなんだかほっこりします♪

本題に入る前に雪を楽しんでいる動物をご紹介。
アメリカビーバーの大洋君

寒い地方に棲む大洋君は雪なんてへっちゃらで、雪玉をむしゃむしゃしていたり、ブルドーザーみたいに自慢の前肢と爪で雪を集めたりもします。

そして王国でナンバーワンに雪を楽しんでいるであろうこの子。

ゴマフアザラシの笑子(エコ)ちゃん
王国には笑子の他にもあと2頭アザラシがいますが、その中でもダントツに雪が好き!!
朝、展示場に出るや否やバフバフ、ボヨンボヨン、ゴロンゴロン、ズボズボ、ニュル~ン全身で雪を堪能しております・・・(*’ω’*)

もう、この姿を見ると「雪積もってよかったね(。-∀-)」ってどんなにうんざりしていても言っちゃいます(笑)

さてさて、本題に入りましょう!
「あの場所は今!!」と題名にありましたが、「あの場所」とは・・・
9月でドッグショーが終わった「王国イベント館」です。
ドッグショーが終わってからすぐに改装工事が始まり、現在も工事をしていますが、グランドオープンを迎える3月17日には「WETLAND」として新たにオープンします。

人工芝が張られ、観客席があったイベント館は、あっという間に壊されて少し寂しい気持ちにもなりましたが、着々と形が出来上がっていく様子を見るとやっぱりワクワクしてきますね♪
私たち飼育スタッフも簡単なお手伝いができる所は、お手伝いをしながらどんな獣舎や展示場になるのか見ています。

WETLANDとは湿地という意味で、今まで王国にいなかった動物たちが新たにたくさん仲間入りします!!
そして、姉妹園の神戸どうぶつ王国に行っていたハシビロコウも帰ってきてくれます!!
ワクワクの半面・・・
担当セクションのスタッフは飼育したことのない動物を担当するので、その動物について勉強をしてどのように飼育すれば動物たちが生き生きと過ごしてくれるのか考えなくてはならないのでちょっと忙しそうです。
体重は何キロくらい?毛並みは?歯はどんな形?どんなものを食べて、どんな動きをして、どんな生活をしているの?など詳しく知っていないと飼育はもちろんできないですし、知らないということで時には動物たちに苦しい思いをさせてしまったり、最悪の場合、命を奪ってしまうなんてことにもなりかねません。そうならないためにも、動物種のことをしっかりと勉強して動物たちを迎えます。そして詳しく知っていなければ、私たちの大事な仕事の一つでもある、「動物を伝える」ということもできないですから新しい動物が入ってくるときには、毎回その担当者は少しピリピリムードになります。
ですが、新しい動物を知ることで今いる動物にも応用できることがあったり、学ぶことが沢山あるので、やっぱりワクワクしますよね♪

さぁWETLANDではどのように動物が伝えられていくのか今から楽しみですね!!

新たにオープンするのはWETLANDですが、春からは既存の施設も気持ちを新たにスタッフたちがそれぞれ楽しいことを企んでいるはずです!
昨年より進化したところを是非探しに来てくださいね!!

左:笑大 右:笑子

著者プロフィール

国見知里 (くにみ・ちさと)
1989年8月2日生まれ
出身校:大阪コミュニケーションアート専門学校 動物園・動物飼育専攻
神奈川県横浜市出身、中学は高知県、高校から専門は大阪で過ごす。
ショーやパフォーマンスを通じて沢山の人に動物の魅力を伝える!がモットー。
チャームポイントは笑顔!!

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。