日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.22 カピバラの秋

2014.11.23

秋ですね。

1

那須の空が、色々な表情を見せる季節です。
この時期は、澄んだ秋空に虹がかかる事がとても多いです。
那須は、『虹のうまれる場所』なんじゃないかな…なんて思うこともしばしば。

2

さて、秋はとっても大切な時期です。
まずは、飼料の見直し。寒い冬を乗り切れるように、少しぽっちゃりしてもらいます。もちろん、健康に害の無いように…です。
王国のカピバラ達も、体型を見て、冬に向けてエサが増加します。
体重測定と見た目で体型のチェックをするので、日頃からの観察がとても大切。
ちなみに、王国では生後二ヶ月までは毎日。生後半年までは、月に二回。生後半年を過ぎると、一ヶ月に一回を目安に測定します。
2014/10/3にうまれたカピバラ4頭(通称:お肉ブラザーズ…お父さんのペッパーにちなんで、コショウをかけたらいいねシリーズ…ということで、名前が→ロー・レア・ミディ・ウェルダンになりました。個人的には、とても気に入っています)も、現在毎日測定しています。スクスク大きくなって、うまれた時は1500gだった体重も、現在は3200gになりました。

体重表

体重表

餌量表(カピ・マーラ)

餌量表(カピ・マーラ)


餌量は、1頭ずつ体型によって少しずつ違います。
(同じ成獣のオスでも、ペッパーとガーナではペレットに100gの差があります)
主に食べているのは、草食獣用のペレット・りんご・にんじん・サツマイモ等の野菜です。
それと、王国内に自生している熊笹も与えています。初夏~秋までが一番美味しい葉が採れます。この熊笹が、実はとってもいいんです。

5

熊笹には、たくさんのミネラル・ビタミンが含まれています。
青々した熊笹をたくさん食べている王国のカピバラが、冬も毛艶がよい理由のひとつです。

幸せそうな体型がぷっくりしたカピバラは、冬も元気いっぱいです。

那須どうぶつ王国の冬…
カピバラ達は
温泉のある【カピバラの森】と、
完全室内のいつもは鳥のいるエリアであるバードタウンの半分が【カピバラハウス】
に変身!して、二箇所のエリアで会うことが出来ます。

カピバラの森の『温泉カピ』は、まさに冬の楽しみ方ですね。
時期によっては、ゆずやリンゴが浮かんでいたり、今年はなんと…栃木の名産品の○○も入れちゃおう!と思っていますので、ご期待下さい♪
カピバラハウスでは、体の小さな子どもカピバラをメインにふれあい・エサやり体験が出来ます。外は極寒でも、カピバラとのほっとするのんびりとした時間を過ごせば体も心もポッカポカですね。

では、この冬、カピバラファンにお送りする『王国の楽しみ方』でお別れです。
さようなら!!

7

著者プロフィール

高井梢 (たかい・こずえ)

1984年12月8日 B型 
大阪コミュニケーションアート専門学校卒業
東京生まれ、大阪育ち
ショー解説では標準語 プライベートでは関西弁を操る
小さな頃から「動物園のお姉さんになる」のが夢で、現在はレッサーパンダ・カピバラ・インコ オウム類の飼育管理と、ネコとインコのショーの主任トレーナーとして日々奮闘中
「人と動物の懸け橋になる!」が永遠のテーマ

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。