日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.11 小熊猫ベビー

2013.9.29

 レッサーパンダの事を漢字で書くと【小熊猫】と表します。
前回は、那須どうぶつ王国にいる動物のキッズを紹介しましたが、今回は【小熊猫:レッサーパンダ】の赤ちゃんに絞ってお話します。

那須どうぶつ王国では、長野県茶臼山動物園から来たジジくんと、東京都多摩動物公園から来たダイズちゃんのペアに、2013年6月12日に二頭の子供が誕生しました!
名前は公募の結果、オスが与一(よいち)くん・メスが那々(なな)ちゃんに決定しました。たくさんの応募ありがとうございました!

毛の色が白っぽい方が与一くん、黒っぽい方が那々ちゃんです。

昨年は、交尾はしたもののダイズが年齢的に若かった為妊娠には至りませんでした。
今年は待望の!ということで、スタッフ一同本当に嬉しく思っています。

レッサーパンダ赤ちゃんは、うまれてすぐはまだ大人レッサーパンダの色・模様をしていません。
さて、何色でしょうか?
実は…白色なんです。
耳にはまだ毛が生えていません。足の裏にも毛はなく、ピンク色をしています。

目も開いていません。

2013年6月12日生まれたばかりの様子

2013年6月15日生後3日

出産後のダイズのおなか

ダイズの乳首の周りの毛は、赤ちゃんに吸われてぬれているのがよく見えます。

体もどんどん大きくなります。
うまれた時は広く感じた巣箱も生後100日も経てばギュウギュウです。
(体の大きさの比較に私のスマホを写してます。)

生後1日目  

生後10日目

生後20日


生後30日目

生後40日目

生後50日目


生後60日目 

生後70日目 

生後80日目


そして現在の様子です。

ガオー!

やぐらの上でお昼寝~

竹タベタイ…届カナイ…。

色も模様も、すっかりレッサーパンダになりました。
兄弟同士でじゃれて遊んで、寝て、こけて…本当に可愛いですよー♪
ヨイチは、飼育員にもこの『ガオー』をやってきます。
指でつんつんすると、コロンと裏返って遊んでいます。笑
遊びモードの高いテンションのままじゃれて足に登って噛み付いてきた時は天使が悪魔に見えた瞬間でもありました…。

今後の成長を随時紹介しますので、お楽しみに!!

著者プロフィール

高井梢 (たかい・こずえ)

1984年12月8日 B型 
大阪コミュニケーションアート専門学校卒業
東京生まれ、大阪育ち
ショー解説では標準語 プライベートでは関西弁を操る
小さな頃から「動物園のお姉さんになる」のが夢で、現在はレッサーパンダ・カピバラ・インコ オウム類の飼育管理と、ネコとインコのショーの主任トレーナーとして日々奮闘中
「人と動物の懸け橋になる!」が永遠のテーマ

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。