日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.15 健康管理〜体重測定編〜

2014.3.16

2014年があけて、最初の仕事。それは、いつもと変わらず【体重測定】であります。
「体重測定」と一言にいっても、動物種により量る頻度・方法が違います。
今回は、ふれあいやパフォーマンスを行う上でも、基本中の基本!健康管理~体重測定編~です。

THE・PARROTSに出ているインコ・オウム・ハトの場合・・・
毎日体重を量ります。市販のキッチンスケーラーに台を乗せてこんな風に・・・
体重によって、ショーの反応が変わるので、ショーに出ている個体は大きさや種類に関わらず測定します。

ヨウム

ベニコンゴウインコ

クジャクバト

シロハラインコ


ショーに出ている個体の体重管理はすごく繊細な調整です。
例えば・・・写真右下のシロハラインコのスウィートちゃんは、通常ショーがない時には145gだとすると、ショーがある時は140g・土日祝日などは135gにおとす・・・など微妙な餌の量の増減により体重を調整します。
餌の量わずか3g多くしただけでも「今日ちょっと体重高いね~(失敗しそうだね、ということ)」なんていうスタッフの不安な声が聞こえてくるのです。
「餌をこのくらいあげたら明日このくらい体重があがるだろう・・・」というのは、個体や種類によっても違うので毎日管理しているスタッフの【経験】が大きいです。

なぜショーに出ている動物たちの【体重】にそこまで注意するのか・・・というと、
簡単に言えば、ショーに出ている動物にとって【やる気】に直結するからです。
トレーニングの初期では、少しお腹をすかせている状態にわざとさせることがあります。
その方が彼らにとってごはんやおやつを見せたときの反応が良いからです。
飽食状態の動物に更に餌を見せても見向きもしません。
しかし、少し飢えがあると餌が欲しくて【やる気】がでます。(反応の良い状態)

ショーに出ている動物達の体重のコントロールを適正にすることで、どんな悪天候でも、どんな大勢の観客がいても、それに見合った【やる気】を出させている訳です。
もちろん!お腹が減っているからトレーナーの指示を聞いている・・・という単純な話しだけではなく、そこには信頼関係であったり、「この人が好き!褒められたい!」という彼ら自身の感情も大きく複雑に絡み合っています。

健康管理する上では、痩せていないし、太っていない【適正な体型・体重】で管理する事も大切です。
なので、「反応あげたいから・・・」「何回やっても失敗するから・・・」といって安易に体重をガンガン下げすぎると痩せすぎてしまったり、不意に病気や事故があった時に危険です。
トレーニングで、新しいパフォーマンスを覚えさせつつも【高い体重で、何事にも動じず良いパフォーマンスが出来る動物】に仕上げる事が、日々のトレーニングで求められているのです。

では、ショーに出ていない動物は体重を量っていないの?と思いますよね。
もちろん量っています。
ただし、体型のチェックがきちんと日常業務の中で行えていれば毎日量らずに、月に1回だったり、週に1回だったり、増減が気になる妊娠期には3日に1回にしたり・・・それぞれの種類・状態によって体重測定の頻度を決定します。

体重測定中のビントロング

ビントロングのように、直接体重計に「よっ」と降ろしたり、肩に上手にのれる動物は人が肩に乗せた状態で体重計にのったり。
カピバラのように人が抱っこ出来ない動物は、体重計の上にバリケンを置いてその中に入ってもらったり・・・。
仔なのか、成獣なのかによっても違います。

タッパとキッチンスケーラーで量られるレッサー仔(左:生後1ヶ月、右:生後2ヶ月)

体重計に直接乗るレッサー(大人:ダイズちゃん)

と、簡単に紹介した訳ですが、【体重測定】が簡単に出来るのも、日々のハズバンダリートレーニングのおかげです。
次回は、王国で行っているトレーニングを紹介します。

著者プロフィール

高井梢 (たかい・こずえ)

1984年12月8日 B型 
大阪コミュニケーションアート専門学校卒業
東京生まれ、大阪育ち
ショー解説では標準語 プライベートでは関西弁を操る
小さな頃から「動物園のお姉さんになる」のが夢で、現在はレッサーパンダ・カピバラ・インコ オウム類の飼育管理と、ネコとインコのショーの主任トレーナーとして日々奮闘中
「人と動物の懸け橋になる!」が永遠のテーマ

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。