日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.46 未来のために少しずつ・・・

2019.3.13

こんにちは!ずいぶんとご無沙汰してしまいました。
あっという間に冬が過ぎていきましたが、今年の冬は雪が少なくて水不足が少し心配ですね・・・

さて、今回のコラムでは昨年から王国全体で取り組み始めた「プラスチック製品廃止」についてお話します。
那須どうぶつ王国では、昨年の10月23日から王国内のレストランやカフェで提供している使い捨てのプラスチック製ストローやカップ、スプーンやフォークなど、12種類を紙・木製や金属の物に切り替えました。そして、この紙・木製の物は間伐材を使った製品を使用し森林伐採などに繋がらないようにしています。
姉妹園の神戸どうぶつ王国でも昨年の12月7日より実施しています。

左のプラカップから右の紙コップに変更されました

最近プラスチック問題のことってよく耳にしますよね?
「海洋汚染 プラスチック」とか「マイクロプラスチック」とか「プラスチック製品廃止」とか・・・
私たちの周りを見てみるとプラスチック製品が溢れていると思います。
例えばペットボトル、消しゴム、ゴミ箱や灯油を入れるポリタンク、コンタクトレンズ、コンビニでジュースを買えばストローがついてきてビニール袋に入れてくれますよね?
数えきれないほどのプラスチック製品が活躍してくれています。
今の私たちの生活に欠かせないと言っていいほどのプラスチック製品が今、大きな環境問題の原因として取り上げられているのです。

マイクロプラスチックとは何なのか皆さんは分かりますか?
小さいプラスチック! はい、間違いではありません。
マイクロプラスチックとは大きく2つのグループに分けられるそうです。
1つは、製造された時点ですでに5mm以下の小さなプラスチックで1次マイクロプラスチックと呼ばれるもの。
洗顔料や歯磨き粉などケア商品に角質や汚れを落とすため、マイクロビーズやマイクロカプセルがよく使われているそうです。
もう1つは、プラスチック製品が劣化して小さくバラバラになったもので、2次マイクロプラスチックというそうです。
海を漂流するうちに紫外線により劣化し、波や岩や砂により摩耗しどんどんと小さくなっていくのです。

世界中の広い海では、このプラスチックにより死亡する動物たちがたくさんいます。
あるクジラの死骸からは、カップやビニール袋、ペットボトルなど1000個を超える約6kgもの大量のプラスチックゴミが出てきたそうです。
大きな動物だけでなく小さくなったプラスチックゴミは、私達が普段食べているような魚たちも食べてしまっているかもしれません。
私たちが出したプラスチックゴミが回りまわって、気づかぬうちに体内に入っているかも・・・ということです。

毎年、約800万トンものプラスチックゴミが世界中の海に流れ出ているそうです。
そしてその大半が使い捨ての物だそう。
動物を守ること、それを皆さんに伝えることは私たちの仕事の一つでもあります。
王国では前々からオットセイのショーで海洋汚染を少し内容に取り入れ、ポイ捨てはダメですよ~と呼び掛けていますが、実際ポイ捨てをしていなくても強風の日、意図せずにゴミが飛ばされていく・・・なんてこともありますよね。
私自身も普段プラスチック製品は使っていますし、いきなり全てがなくなったら正直すごく困ります・・・
そこで、少しずつ私たちにできることから始めようよ!というのがこの「プラスチック製品廃止」なんです。
紙製のものは時間が経てば、ふやけて使いづらくなってしまうかもしれません。
私も実際使ってみましたが、紙ストローは時間が経つと吸いづらくなりちょっと使いづらい部分もありました。
ですが、その少しの我慢で未来が変わるかも・・・動物が一匹救えるかも・・・
そんな風に考えてみたらなんだかすごくないですか?

3月16日から王国は冬眠期間を終えて、グランドオープンを迎えます。
たくさんのお客様にこのプラスチック製品廃止の目的を知ってもらい、王国から外に出た後も少しでも環境問題に取り組んでもらうきっかけになればいいなと思います。
なんだかちょっと難しくて眠たくなってしまいそうな環境問題について、皆さんに楽しく分かりやすく伝えていけたらなと思う2019年最初のコラムでした。



ミナミアメリカオットセイの赤ちゃん

ミナミアメリカオットセイの赤ちゃん

著者プロフィール

国見知里 (くにみ・ちさと)
1989年8月2日生まれ
出身校:大阪コミュニケーションアート専門学校 動物園・動物飼育専攻
神奈川県横浜市出身、中学は高知県、高校から専門は大阪で過ごす。
ショーやパフォーマンスを通じて沢山の人に動物の魅力を伝える!がモットー。
チャームポイントは笑顔!!

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。