日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

  • HOME
  • 写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

北海道の東端にあるオホーツク海に面した知床半島とその沿岸海域が世界遺産に認定されたのが2005年のこと。日本で初めて海洋を含む自然遺産の登録物件となりました。そんな知床でネイチャーガイドをしながら自身の作家活動をしている写真家八木直哉さんの作品を通して、世界遺産知床、そして北海道の大自然でくらすどうぶつたちの姿を毎月少しづつご紹介しましょう。 (田井基文)

Vol.61 Knock on wood.森の精霊。

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

「くまげら」という鳥を知っていますか? カラスほどの大きさで、静かに森を歩いていると、「けーけー」と鳴き、かなり近い距離まで寄ってきたり、 more >>

2016.7.10

Vol.60 山は保育園。

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 寒く冷え込んだ朝。 鬱蒼と周囲を埋め尽くす笹原をガサガサ分け入っていると、葉が折れ、擦れる音に混じり「パキリ」とかすかに音質の違う、何か more >>

2016.6.7

Vol.59 芽吹き

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 春と冬が交互に押し合い、徐々に冬の勢力が減衰していく季節。 やせ衰え、どうにか冬を生き延びたエゾシカは一息をつき、昆虫や植物も活動を始め more >>

2016.5.6

Vol.58 柳葉魚の春。

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 毎年言っているので気恥ずかしい感じもあるのだが、昨年に輪をかけて「らしくない」冬だった。 雪は極端に少なく気温は高い、流氷は僅かで接岸も more >>

2016.4.4

Vol.57 油断

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 2月の中頃に雨が降った。 この時期に雨? というのが知床では正常な感覚だ。 本来は厳冬のこの時期に雨なんかが降る訳はないが、北極圏 more >>

2016.3.10

Vol.56 エゾモモンガの棲むところ。

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 「北海道にもモモンガがいるんだなぁ」と実感したのは今から10年ちょっと前だったか。 お恥ずかしい話なのだが、細かいことを気にしない田舎者 more >>

2016.2.7

Vol.55 森の道化師、ミヤマカケス。

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 午前の撮影行に一区切りをつけ、いつも遊びに来てくれるカメラマンの方と昼食を食べに道の駅へ入った。 右側一面がガラスの席に座り、外を眺める more >>

2016.1.8

Vol.54 冬支度

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 知床は、今年ドングリが全く実らなかった。 ニンジンで満たされたヒグマのフン、彼らの厳しい食糧事情がわかる。 more >>

2015.12.4

Vol.53 色彩、鮮やかにまとって。

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 寒い季節になってきた。 水辺は寒暖の差が大きいらしく、湖畔の木々が鮮やかに染まっている。 こういった視覚的に大きな変化は、僕を観念させ more >>

2015.11.5

Vol.52 秋嵐過ぎ、満ち満ちて野に遊ぶ。

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 嵐が北海道を襲った。 日本海側から北西に吹き付ける風は日高山脈にぶつかって緩衝され、知床周辺への影響は最小になった。 [capti more >>

2015.10.5

Vol.51 イワナ

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 「小ブナ釣りし、かの川‥」という唱歌があるけれど、僕のそれはイワナだった。 イワナを本格的に釣り始めたのは小学2年の頃だったと思う。 more >>

2015.9.3

Vol.50 聖餐、愛情と記憶。

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 森林を抜け、海を見下ろす断崖へ向かった。 海岸線が近くなるにつれ主にカエデやカシワの木が根付き、覆う樹葉の緑の色彩が明るくなる。 more >>

2015.8.6

Vol.49 瑠璃の息づく渓で。

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 「違う! 違うぞ!!」 僕は普段、あまり見る事のないTVドラマの内容に憤っていた。 天皇の料理番というドラマなのだが、正直、見る側を楽 more >>

2015.7.11

Vol.48 オオセグロカモメ、断崖の住人

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 知床の初夏はしっとりとし、霧や雨を含んだ風は地表を冷却する。 陽が顔を見せればたちどころに気温が上がり動植物を温めて、雨、霧、青空が、か more >>

2015.6.8

Vol.47 清流のひょろひょろ。

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 いつもは原則、地名は公開しないのですが今回は趣向を変えまして、場所は北海道の南の茂辺地川(もへじがわ)で8~9年くらい前に撮った写真ととも more >>

2015.5.14

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。