日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

マレーに首ったけ Vol.40 「2016年も無病息災を願って」

2016.2.11

 今回は大好評(?)の福岡編をちょっとお休みして、本日取れたてホヤホヤの情報をお伝えしたいと思います。そう、2月と言えば節分、節分と言えば恵方巻!今年8年目を迎える当園の歴史ある行事「動物達への恵方巻プレゼント」の様子をお届けします。
 実はつい先日、マレー界の有名ブロガーであるHoney&Yogurtさんが来園され「ぜひぜひ恵方巻の情報を-!」といううれしいリクエストもありましたので、今回は最速で投稿してみました (^^)/

じゃーん、今年の恵方巻はこんな感じです!

じゃーん、今年の恵方巻はこんな感じです!

肝心の具はリンゴ、オレンジ、蒸しイモに動物用ソーセージ。毎回お伝えしていますが、「海 苔」以外は通常使っている飼料です。

おかげさまで今年もたくさんのマスコミの方が集まってくれました。

おかげさまで今年もたくさんのマスコミの方が集まってくれました。

これも毎回言ってますが、マレーの赤ちゃん公開でもこんなに集まることはないです、ハイ

おーっ、いい感じで2頭ともスタンバっています。

おーっ、いい感じで2頭ともスタンバっています。

この感じ、いいですよね。ちなみに、右「タオチイ」左「ワンピイ」です。そして、気配を察知すると

急げ、急げとタオチイは木の上へ。

急げ、急げとタオチイは木の上へ。

よしよし、みんなみてるから頼むよ-。

よしよし、みんなみてるから頼むよ-。

よーし、その感じ!と、ここでまでは良かったんですが、なんとまさかまさかの完全ピンぼけで食べた瞬間の画像が全く使い物になりませんでした。仕方がないので

すみません、これは昨日2月2日の練習の様子です。

すみません、これは昨日2月2日の練習の様子です。

どうかこれでご勘弁を <(_ _)> でも、安心してください。さすがタオチイ、本番はこの画像のよううにばっちり決めていましたので。

そして次はワンピイもガブリ。

そして次はワンピイもガブリ。

こっちは相変わらずのグランド勝負ですが、各々の得意分野でがんばっているようです。

ま、食べ始めるとただの黒い物体になるんですけどね。

ま、食べ始めるとただの黒い物体になるんですけどね。

 このような感じで、今年も無事に恵方巻行事を終えることができました。現在のマレーグマ担当者にとっては初めての経験となりましたが、大成功と言ってよいでしょう。

インタビューを受ける表情も

インタビューを受ける表情も

 南のマレーマスタ-Fさんのように ”どや顔” とまではいきませんが、このように誇らしげです。実はこの恵方巻イベント、8年前に企画課職員だった彼女の発案なんです。巡り巡って実際に給餌する立場になり、きっと感無量だったことでしょう。

 最後になりましたが、このように動物を擬人化する企画については賛否あることと思います。我々のいち動物公園スタッフの気持ちはもちろん基本的には ”否”なのですが、この恵方巻やクリスマスケーキのプレゼント企画については、興味を持ってもらう”きっかけ作り”や担当者と動物の公的な交流の場として今後も積極的に行っていきたいと考えていますので、どうぞご理解いただきたいと思います。
 それでは、毎年お決まりではありますが、この日恵方巻きを食べたマレーたちはもちろん、見に来てくれた人、そしてこの”首ったけコーナー”をのぞいてくれた人、全ての方々にとって、今年一年が良い年となりますように。

著者プロフィール

本田祐介(ほんだ・ゆうすけ)

高知県立のいち動物公園 飼育課長補佐
学芸員

熊本県出身
1991年 宮崎大学大学院農学研究科修士課程 卒業
小学生の頃に何度も読んだ、少年ジャンプ連載「ぼくの動物園日記」(飯森広一・作)に多大な影響を受けてこの業界へ。
1991年 高知県立のいち動物公園の開園時より初代飼育スタッフとして勤務。
その後マレーグマ、オオアリクイ、アミメキリンなど様々な動物種を担当。
2010年~種保存委員会・マレーグマ種別調整者に。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。