日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.49 「2017年も無病息災を願って」

2017.2.18

 今回はこの「首ったけ」で、もうこの時期定番となったあのイベントの報告をしたいと思います。そう、2月3日の節分でおなじみの恵方巻です!今年で9年目を迎えるのいちの歴史ある行事「動物たちへの恵方巻プレゼント」の様子をお届けします。

じゃんじゃじゃーん、今年の恵方巻はこんな感じです!

大事な中身はリンゴ、オレンジ、蒸しイモに動物用ソーセージ。毎回お伝えしていますが、「海苔」以外はいつも食べている材料です。

今年も本当にたくさんのマスコミの方々が集まってくれました。

やっぱり今回も言わせてください、マレーの赤ちゃん公開でもこんなに集まることはないです、ハイ。

さあ、タオチイも

ワンピイも

各々の定位置で準備はOK、めっちゃいい顔しています!

さーて、”聖なる竹”にゆっくりと刺して

まずはタオチイがガブっ

続いてワンピイもパクり

あまりの人の多さに、ワンピイはお客さんの腕越しのピンぼけ画像でごめんなさい <(_ _)>

ま、食べ始めると

どちらもただの黒い物体になってしまうんですけど-。恵方はそっち?などと野暮なことは聞かないでくださいね。と、こんな感じで無事にかぶりつき、今年の節分行事を無事に終えることができました。まあ賛否両論あることと思いますが、先駆者としての誇りを持ってこれからも大事にこの行事を続けていきたいと思います。

今年も担当者のドヤ顔を拝むことができました。

また、今回も昨年に続き同日開催となったライバル(?)の

チンパンジーやキリンたちも負けず劣ら大人気でした。

来年は私たちも-

全国的にも恵方巻イベントはどんどん広がっているようですし、こりゃあブラック軍団もウカウカしてらんね-、って感じですね。それでは、毎年お決まりではありますが、この日恵方巻きを食べたマレーを始めとする動物たち、見に来てくれた人、そしてこの”首ったけコーナー”をのぞいてくれた人、全ての方々にとって、今年一年が良い年となりますように。

最後は神々しいタオチイの一枚で...

著者プロフィール

本田祐介(ほんだ・ゆうすけ)

高知県立のいち動物公園 飼育課長補佐
学芸員

熊本県出身
1991年 宮崎大学大学院農学研究科修士課程 卒業
小学生の頃に何度も読んだ、少年ジャンプ連載「ぼくの動物園日記」(飯森広一・作)に多大な影響を受けてこの業界へ。
1991年 高知県立のいち動物公園の開園時より初代飼育スタッフとして勤務。
その後マレーグマ、オオアリクイ、アミメキリンなど様々な動物種を担当。
2010年~種保存委員会・マレーグマ種別調整者に。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。