日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

マレーに首ったけ Vol.8

2012.2.7

今回は前回に続き、新春特別編の第二弾として「ハッピー ニュー マレー! マレーグマグッズ特集フィギュア編」をお届けしたいと思います。

まず最初は、もちろん読者のみなさんにはお馴染みの、この品です。ここ”どうぶつのくに”と三越伊勢丹のスーパーコラボレーションの下、WWFジャパンの特別協力を得て誕生した、BE@RBRICK のストラップです。BE@RBRICKでマレーグマなんて一見ありそうだけど、これまで誰も考えつかなかった素晴らしい夢のタッグです。しかも、このクオリティで価格は300円、更にそのうち100円はWWFチャリティキャンペーンとして『インドネシア・スマトラ島の生物多様性と絶滅危惧種を守る活動に役立てられる』という、これまた夢のような一品です。首都圏のみの限定販売でしたので、東京在住の友人に無理矢理頼んでようやく入手することができました。

 

 

続いて登場のこの品は、おそらく私のコレクションの中でも最も貴重といえるマレーグマの400%BE@RBRICK です。世界に数体しか存在しないというウワサもある、本当に超レアな一品といえます。もちろん造形も素晴らしく、ある友人が「友情の証に」と電撃的にプレゼントしてくれた、私の何よりの大切な宝物です。

 

 

そして最後におまけの一品ですが、これはある清涼飲料水に付いていた本当のオマケです。有名なイタリア生まれの人気キャラクターであるでロディとのコラボ企画で、「ロディー・アニマル」というシリーズです。このように完成度も抜群に高いのですが、実は残念ながらこれはツキノワグマなのです..。他はキリン、ワニとかなのに。なぜかマレーグマではなかったようですねぇ。

 

 

ということで2回に渡ってご紹介しました、いろんなマレーグマグッズ、いかがだったでしょうか。まだまだ探せばこの他にもけっこうあることでしょう。これから少しずつ集めてコレクションを増やしていくのが楽しみです。また、これがおすすめ!みたいな一品がありましたら、ぜひ私に教えて頂きたいです。よろしくお願いします。
クリスマス、お正月と楽しい季節が終わったばかりですが、お年玉の使い途やお誕生日のプレゼント、コレクションに、どうかマレーグマの一品を加えて下さい。

著者プロフィール

本田祐介(ほんだ・ゆうすけ)

高知県立のいち動物公園 飼育課長補佐
学芸員

熊本県出身
1991年 宮崎大学大学院農学研究科修士課程 卒業
小学生の頃に何度も読んだ、少年ジャンプ連載「ぼくの動物園日記」(飯森広一・作)に多大な影響を受けてこの業界へ。
1991年 高知県立のいち動物公園の開園時より初代飼育スタッフとして勤務。
その後マレーグマ、オオアリクイ、アミメキリンなど様々な動物種を担当。
2010年~種保存委員会・マレーグマ種別調整者に。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。