日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.23 お魚界のトップモデル!?~シマキンチャクフグのお話~

2015.3.20

今回は、みんなの憧れ、シマキンチャクフグをご紹介したいと思います。
こちらがその「シマキンチャクフグ」!

1

みんなの憧れって別にそこまで可愛くないし…と思ったあなた!お魚界では、このシマキンチャクフグが大人気!
そっくりそのままのマネをしている魚がいるのです。
その魚がこちら

ノコギリハギ(カワハギ科)

ノコギリハギ(カワハギ科)

コクハンアラ(ハタ科)

コクハンアラ(ハタ科)

みごとにそっくり!!
実はシマキンチャクフグは、フグ毒を持っています。毒を持たないノコギリハギ・コクハンアラは、シマキンチャクフグのマネをして、毒があるかのように見せかけて身を守っているのです。コクハンアラは、最大で1mまで成長しますが、体長10cm程度までの間、シマキンチャクフグと同じような体色をしています。小さいうちに襲われないようにしているのかもしれません。

シマキンチャクフグは、人間界でいうと流行最先端のモデルのような感じでしょうか?
そんな事を考えながらシマキンチャクフグを見ていると、だんだん可愛く思えてきました。
あなたもシマキンチャクフグのマネをしてみてはいかがでしょう?笑

著者プロフィール

吉田はるか (よしだ・はるか)

1990年横浜生まれ。憧れていた水族館の飼育係になるため、2010年、生まれ育った横浜を旅立ち下関へ。現在は、職場でハリセンボンを担当、家ではヨツユビハリネズミを飼育し、トゲトゲの生き物と毎日触れ合っている。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。