日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.37 ベビーラッシュ

2016.5.14

海響館では、今年に入ってから3頭のバンドウイルカの赤ちゃんが誕生しています!たくさんのお客様が産まれたばかりのかわいい赤ちゃんの姿を見に来られています!
 さてさて、そんな出産ブームの海響館ですが、イルカだけではありません!現在、ヒガンフグの赤ちゃんの展示も行っております。大きさはおよそ9ミリと、とっても小さいですが、じっくり見てみると結構可愛らしい顔をしているんですよ(^^♪

※ヒガンフグ成魚

※ヒガンフグ成魚

※ヒガンフグの稚魚 孵化5日後

※ヒガンフグの稚魚 孵化5日後

このヒガンフグは、海響館で人工授精をして産まれた赤ちゃんです。

成熟したヒガンフグの生殖腺を、手でマッサージするように押して、卵と精子を出し、授精させます。

※卵を取り出す様子

※卵を取り出す様子

※受精卵

※受精卵

※孵化25日後 サイズ約9ミリ

※孵化25日後 サイズ約9ミリ

現在もエサのプランクトンをしっかり食べて、成長中です。トラフグでは、養殖が盛んで人工授精も行われていますが、トラフグ以外のフグは養殖されることはなく、これほど小さなヒガンフグが見られるのは海響館ならではです!
ぜひ、かわいらしいイルカの赤ちゃん、そしてヒガンフグの赤ちゃんにも会いに来てくださいね!!

著者プロフィール

吉田はるか (よしだ・はるか)

1990年横浜生まれ。憧れていた水族館の飼育係になるため、2010年、生まれ育った横浜を旅立ち下関へ。現在は、職場でハリセンボンを担当、家ではヨツユビハリネズミを飼育し、トゲトゲの生き物と毎日触れ合っている。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。