日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.32 クリスマスカラーのハリセンボン

2015.12.17

皆さんこんにちは!もうすぐクリスマスですね。海響館にも毎日サンタダイバーがやってきていますよ!皆さんのところにも、サンタさんが来ますように☆さて、今回はクリスマスカラーの「緑」のハリセンボンのお話をしたいと思います。
先月、お世話になっている大分県の漁師さんより「ハリセンボンとれたぞー!」と連絡をいただき、受け取りに行ってきました。

私「こんにちは~!ハリセンボンとりにきました!!いつもありがとうございます!」
漁師さん「お~、なんか今回の子はいっぱいくっついてるんだよ~」
私「くっついてる…??」

1

なんと!背中の棘に海藻がたくさんくっついているではありませんか!!
時々棘に藻がついていることはありますが、こんなにしっかり生えている個体を見たのは初めてです。

2

横から。なんだかライオンのたてがみのようです…。

3

正面。なんだか花冠をかぶっているようです。

この海藻、乗っているのではなく、きちんと棘の固い部分に生えています。
おそらく自然界で傷がつき、棘の固い部分がむき出しになった部分に海藻がついて、そのまま成長したのではないかと思います。

4 5

ついていた海藻の一部です。
紅藻や、アオサの仲間など、数種類の海藻があります。
ハリセンボンにつく海藻は種が限定されるのか?どのくらいまで成長するのか?気になることが沢山!!また面白い発見があれば、発信していきたいと思います!
それでは皆さん、ステキなクリスマスを☆

著者プロフィール

吉田はるか (よしだ・はるか)

1990年横浜生まれ。憧れていた水族館の飼育係になるため、2010年、生まれ育った横浜を旅立ち下関へ。現在は、職場でハリセンボンを担当、家ではヨツユビハリネズミを飼育し、トゲトゲの生き物と毎日触れ合っている。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。