日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.45 かくれんぼ

2017.1.12

あけましておめでとうございます!今年も皆さまに沢山の「ふく」をお届けしていきます!どうぞよろしくお願いします!

さて、今回のテーマは「もぐる」です。
フグの仲間は、種類によっては砂に潜る行動が知られています。

潜っているパオスバッティー。

潜っているパオスバッティー。

器用に目・鼻・口を残して綺麗に潜っていますね。(この写真は尾びれがでています…まさに頭隠して尻隠さず!( ;∀;))

では、どのように潜っているのか、ゆっくり見てみましょう。
テトラオドンミウルスの様子です。

通常のテトラオドンミウルス

通常のテトラオドンミウルス

3

まずは頭から砂に突入!!

4

そのまま横に進みます…!

5

完成!!
どうして潜るのか、正確な理由はわかっていませんが、敵から身を守るため、寄生虫を予防するため、という説があります。
海響館の水槽でも、潜っているフグを見かけることはよくあります。潜る瞬間を見ることができたらラッキーですよ☆

著者プロフィール

吉田はるか (よしだ・はるか)

1990年横浜生まれ。憧れていた水族館の飼育係になるため、2010年、生まれ育った横浜を旅立ち下関へ。現在は、職場でハリセンボンを担当、家ではヨツユビハリネズミを飼育し、トゲトゲの生き物と毎日触れ合っている。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。