日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.36 カラフルなイトマキフグの仲間 Part2

2016.4.18

前回に引き続き、今回もイトマキフグの仲間のご紹介です!
今回はこちら

1

名前は「オルネイトカウフィッシュ」
こちらの魚も、前回のふく通信で登場した、「ホワイトバードボックスフィッシュ」と同様、イトマキフグの仲間です。
Ornate cowfishという名前は、華美な(Ornate)、牛(Cow)の角のように見える魚(fish)という意味のようですが…
確かに!
このオルネイトカウフィッシュも、オスとメスで色が違います。
上の写真の個体はオスです。
メスはこちら

2

違う種類かと思うくらい、全然色も模様も違いますね~。
ちなみに、こちらはまた別の種類のイトマキフグの仲間。
「ショウズカウフィッシュ」です。

3

こちらがオス

4

メス
です。オスは体側に黄色や水色のライン、腹部には黄色の斑点がありますが、メスは茶色と白色のラインがあるのみです。
オルネイトカウフィッシュとよく似ていますが、ショウズカウフィッシュのほうが背中にある角が目立ちます。
オスとメスでも違う上に、また似ている種類もいてややこしいですね(・_・;)
水槽の中をちょろちょろと泳ぎ回るイトマキフグたちはとってもキュート!皆さん是非会いに来てくださいね!!

著者プロフィール

吉田はるか (よしだ・はるか)

1990年横浜生まれ。憧れていた水族館の飼育係になるため、2010年、生まれ育った横浜を旅立ち下関へ。現在は、職場でハリセンボンを担当、家ではヨツユビハリネズミを飼育し、トゲトゲの生き物と毎日触れ合っている。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。