日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.25 観察・・・されてる!?

2015.5.21

突然ですが皆さん、水族館で魚たちと「目が合った!」という経験はないですか?きっと一度はあるはず!そんな時、魚たちのほうがあなたのことを観察しているかもしれません・・・。というのも、種類にもよりますが、魚たちもちゃんと、ガラス越しに私たちのことが見えているのです!では、実際どれだけ見ているのか、実験してみましょう!
今回頑張ってもらうのは、フグ目モンガラカワハギ科のホシモンガラ。
まずは、赤いパネルを見せ、タッチしたらエサをあげます。これで赤タッチ=エサというのを理解します。

1

ここから!赤以外の青・白のパネルを一緒に出すと・・・!?

2

ちゃんと赤をタッチ!ということで、赤・青・白が見分けられているということが分かります。さらに、赤の●、赤の▲のパネルを一緒に出すと・・・!?

3

ちゃんと赤をタッチ!色だけでなく形もきちんと見分けているようです。
この実験で、ホシモンガラは色や形を見分けているという事以外にも、「学習能力がある」という事がわかりました。イルカやアシカだけでなく、魚たちもトレーニングすることで様々なことが出来るかもしれません!

フグたちの水槽の前にエサを持って立っていると、魚たちがガラスに顔を押しつけてよってくることがあります・・・(・_・;)海響館のフグたちは、ちゃんとエサをくれる人は見分けているようです。

種類によっては見える色や視力は様々なようですが、まだまだわかっていない事が沢山あります。
水族館で魚と目が合ったら、是非このブログを思い出してみて下さい!

4

あっ!サザーングローブフィッシュに見られている!!

著者プロフィール

吉田はるか (よしだ・はるか)

1990年横浜生まれ。憧れていた水族館の飼育係になるため、2010年、生まれ育った横浜を旅立ち下関へ。現在は、職場でハリセンボンを担当、家ではヨツユビハリネズミを飼育し、トゲトゲの生き物と毎日触れ合っている。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。