日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.30 吸血魚登場!?ハッピーハロウィン!

2015.10.17

10月になり、海響館はハロウィン一色です!
というわけで、今回はハロウィンにちなみ、吸血鬼のようなフグの仲間を紹介したいと思います。
名前は「アカモンガラ」。

1

紺色で、尾ビレの形が特徴的なモンガラカワハギの仲間です。
日本でも、八丈島や小笠原、沖縄などのあたたかい海でみることができます。
丸い眼がなんともかわいらしいアカモンガラですが、どこが吸血鬼なのかというと…
なんと!歯が赤いのです!

2

アカモンガラの最大の特徴はこの赤い歯!上顎から牙のように赤い歯が見えています!!
この歯が、なんとも血を吸った吸血鬼を連想させませんか?
「アカモンガラ」という名前も、この歯の色から由来しているようです。
歯に注目してみるとちょっと怖い顔つきにも見えますが…
休んでいるときは岩の隙間やサンゴの間にすぽっ!とはまっていることが多く、その姿はとても愛らしいです!

3

アカモンガラは、単独で生活する場合もあるようですが、時に大群で泳いでいることがあり、その群れの姿は圧巻です!
写真がないのが残念ですが…みなさんも是非、ダイビング中にアカモンガラに出会ったら、今回のお話を思い出してみてくださいね!
それでは、素敵なハロウィンを★

著者プロフィール

吉田はるか (よしだ・はるか)

1990年横浜生まれ。憧れていた水族館の飼育係になるため、2010年、生まれ育った横浜を旅立ち下関へ。現在は、職場でハリセンボンを担当、家ではヨツユビハリネズミを飼育し、トゲトゲの生き物と毎日触れ合っている。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。