日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

  • HOME
  • 九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

いま、水族館では、世界的にクラゲの展示が大流行中。その漂泊感と浮遊感は、他のどの生物にもない独特のもので、水族館が誕生した頃から多くの水族館人を魅了してきました。ノーベル賞を受賞された下村脩教授が名誉館長を務めるここ九十九島水族館では、地元の海のリサーチに力を入れ、それまで知られていなかった新種のクラゲまで発見したことでも有名です。同館のクラゲ博士・秋山さんが、まだまだ知られざるクラゲの世界や九十九島の海について、どうぶつのくに読者に毎月語ってくれます。(田井基文)

Vol.29 九十九島のクラゲ-Part9 イチメガサクラゲ

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

 九十九島周辺では春と秋に見られるクラゲです。毎年確認できますが、多数出現することはありません。傘の大きさが10ミリ程度の小型のクラゲで縁膜 more >>

2015.10.9

Vol.28 九十九島のクラゲ-Part8 イカリヨツボシクラゲ

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

 九十九島周辺では夏に見られるクラゲです。毎年確認できますが、多数出現することはありません。傘の大きさが数ミリ程度の小型のクラゲで、胃の部分 more >>

2015.9.8

Vol.27 九十九島のクラゲ-Part7 アンドンクラゲ

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

 九十九島周辺では夏に見られるクラゲで、長崎県などでは“イラ”と呼ばれています。大きさが4cm程度に成長し、他のクラゲと比べて活発に泳ぎます more >>

2015.8.14

Vol.26 九十九島のクラゲ- Part6 アミガサウリクラゲ

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

 九十九島周辺では春に少数見られるクラゲで、大きさが10cm程度に成長します。有櫛動物の仲間で毒はなく、刺されることはありません。ウリクラゲ more >>

2015.7.16

Vol.25 九十九島のクラゲ Part5 アマクサクラゲ

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

 九十九島周辺では春に少数、見られるクラゲで、傘の大きさが10cm以上に成長します。16本の長い触手に強い毒があり、刺されると激痛がはしりま more >>

2015.7.9

Vol.24 九十九島のクラゲ Part4 アカホシカブトクラゲ

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

 九十九島周辺では春に出現するクラゲです。このクラゲは有櫛動物の仲間で、触っても刺されることはありません。同じ有櫛動物でカブトクラゲというク more >>

2015.5.7

Vol.23 九十九島のクラゲ Part3 アカダマクラゲ

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

 九十九島周辺では春に見られるクラゲですが、出現数はあまり多くありません。刺胞動物ではなく、有櫛動物の仲間なので触っても刺されません。口と反 more >>

2015.5.1

Vol.22 九十九島のクラゲ-Part2 アカクラゲ

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

 九十九島周辺では春に見られるクラゲで傘の大きさが20cm程度まで成長し、傘に放射状の赤い筋があるのが特徴です。長い触手に強い毒があり、刺さ more >>

2015.3.13

Vol.21 九十九島のクラゲ-Part1 アイオイクラゲ

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

 九十九島周辺では春に見られるガラス細工のような大変美しいクラゲです。一個体の生物のように見えますが、色々な役割を持った個虫が集まり複雑な群 more >>

2015.2.15

Vol.20 クラゲの展示について(成体-4)

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

 クラゲは海の中をふわふわ泳いでいるイメージが強いですが、中にはあまり泳がない種類もいます。ハナガサクラゲは大変美しいクラゲで九十九島では春 more >>

2015.1.10

Vol.19 クラゲの展示について(成体-3)

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

 クラゲの中にはクラゲを食べる種類がいます。九十九島水族館ではオワンクラゲ、アカクラゲ、エボシクラゲ、オキクラゲ、ウリクラゲなどにクラゲを与 more >>

2014.12.6

Vol.18 クラゲの展示について(成体-2)

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

 九十九島周辺には夏から秋にかけてタコクラゲが多数出現します。このクラゲは茶色で傘の部分に丸い水玉模様がある大変かわいい姿をしています。また more >>

2014.11.11

Vol.17 クラゲの展示について(成体-1)

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

 九十九島水族館では飼育しているクラゲに毎日1~2回の餌を与えています。小型のクラゲや幼クラゲには孵化直後のアルテミア、毒の強いクラゲにはエ more >>

2014.10.15

Vol.16 クラゲの展示について(幼クラゲ-3)

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

 九十九島水族館ではガラス越しにクラゲのバックヤードが見えるため、クラゲの飼育係が毎日どのような作業をしているのかを実際に見ることが出来ます more >>

2014.9.13

Vol.15 クラゲの展示について(幼クラゲ-2)

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

 クラゲ飼育係の毎日の作業の一つにビーカーの換水作業があります。午前中にガラスビーカー内のクラゲに餌を与え、午後からクラゲだけを新しい海水の more >>

2014.8.12

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。