日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

  • HOME
  • 写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

北海道の東端にあるオホーツク海に面した知床半島とその沿岸海域が世界遺産に認定されたのが2005年のこと。日本で初めて海洋を含む自然遺産の登録物件となりました。そんな知床でネイチャーガイドをしながら自身の作家活動をしている写真家八木直哉さんの作品を通して、世界遺産知床、そして北海道の大自然でくらすどうぶつたちの姿を毎月少しづつご紹介しましょう。 (田井基文)

Vol.33 シマフクロウの魚と川で

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 先日、知床へ何度も遊びに来てくれているカメラマンのTさんと一緒に川へ探索へ出掛けた。 水辺はぐっと気温が下がり、胸まで浸かれるウェイダー more >>

2014.3.10

Vol.32 暗がりの中

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 厳冬期、谷あいを貫き海へ注ぐ河の流芯の水温は2~3℃と身を切るような冷たさだ。 北国の人間にとって「気温が0℃」は「暖かい」という範疇に more >>

2014.2.12

Vol.31 エゾユキウサギ

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 「いきものの撮影ってどうやるの?」 時々、そんな質問をされる。 この内容であれば、質問者はある程度動物に対しての心得があるか、身近にい more >>

2014.1.14

Vol.30 終わりの日、始まりの日

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 寒風が吹き付ける日が多くなり、波が海岸に幾重もうちつける。 沖から押し寄せる冷たい北風は、僅かに高い水温を好むイワシやサンマを容赦なく波 more >>

2013.12.8

Vol.29 エゾリス

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 気温が下がってきた。 どんな状態の天候も紅葉も、美しさは見る者次第。 しかし、普段なら身を切るような温度 more >>

2013.11.7

Vol.28 アメマス

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 ある小さな湖にアメマスがいた。 頭は湖上にあり、目は月の如く輝く。 尾は湖底に波を起こし、背ビレは水面に出て陽光に焦げる。 アイヌの more >>

2013.10.12

Vol.27 宴のあと

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 八月の終わり、宴の後へ赴いた。 噂を聞いたのは連日続く猛暑のさなかで、忙しかった僕は、なかなか撮影に出掛ける事ができなかった。 海岸に more >>

2013.9.8

Vol.26 ミヤマカラスアゲハ

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 僕が住んでいる知床、オホーツク海側の夏は暑い。 高緯度地域特有の強い陽光が照りつけ、海へ80キロほど突き出した半島は複雑に連なった連山を more >>

2013.8.12

Vol.25 ケイマフリ

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

穏やかで、融けたような波の上に手漕ぎの舟を滑らす。 夜の終わりのまぎわ、世界は静まりかえり音もたてない。 [caption id=" more >>

2013.7.9

Vol.24 ニホンザリガニ

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

北海道でザリガニと言えば本種を指す。 体長が2~8センチと小型で、僕は単にザリガニと呼んでいた。 父や叔父はサルガニと呼んでいて、これは more >>

2013.6.11

Vol.23 エゾアカガエル

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

僕には特別な場所があった。 エゾアカガエルは氷河期の生き残りで寒さに強く、凍結の恐れがなければ行動できる。 年に一度だけ大 more >>

2013.5.10

Vol.22 暖かな日

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

毎日0度を超えることがなかった気温が5度を超えるようになり、山頂から海岸線までを覆い尽くしていた雪が見る間に溶けはじめる。 海を埋めていた more >>

2013.4.4

Vol.21 エゾタヌキ

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

幼少の頃、近所のヤクザ屋さんが色々な動物を飼っていた。 犬は複数、時にはクマの子、ブタ、鳥類もいたかな?。 かなりのいきもの好きで、川に more >>

2013.3.6

Vol.20 冬の一日

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

夏季は湖のように穏やかなオホーツク海が、季節の終わり頃から荒れた表情を見せ始める。 冬が訪れその荒れ方が狂乱の状態に達したある日、強烈な北 more >>

2013.2.4

Vol.19 ゴマフアザラシ

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

ゴマフアザラシはベーリング海とその北部のチュクチ海を上限にし、オホーツク海、日本海、太平洋北部に主に分布。 気温が下がる11月頃になると北 more >>

2013.1.2

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。