日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

  • HOME
  • 写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

北海道の東端にあるオホーツク海に面した知床半島とその沿岸海域が世界遺産に認定されたのが2005年のこと。日本で初めて海洋を含む自然遺産の登録物件となりました。そんな知床でネイチャーガイドをしながら自身の作家活動をしている写真家八木直哉さんの作品を通して、世界遺産知床、そして北海道の大自然でくらすどうぶつたちの姿を毎月少しづつご紹介しましょう。 (田井基文)

Vol.16 ヒメマス

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

ひんやりとした秋めいた空気が漂う、北海道のある湖沼。 夕刻、薄闇にまぎれて産卵を控えたヒメマスの群れが集い始める。 本来、水深の深い場所 more >>

2012.10.3

Vol.15 サクラマス

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

さくらます―― 美しい名のこの魚は、ヤマメの降海型で70センチ程になり春に遡上する。 不思議な事にサクラマスの大半はメスだ。 抱卵する上 more >>

2012.9.3

Vol.14 クワガタ

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

ハルニレ、ミズナラ、ハンノキ、カエデ、コナラ、サワグルミ、ブナ、ホオノキ、いずれも非常に水気を好み、沢筋や水際に根付く木だ。 一見、水性の more >>

2012.8.3

Vol.13 オジロワシ

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

知床では車で寝泊まりした日々が2年弱、その後定住し4年になる。 6年程の付き合いになる訳だがその間、作品の野生度が上がり、自分から遠くなっ more >>

2012.7.4

Vol.12 ヤツメウナギ

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

僕がまだ幼い頃の事。 浅瀬や堰堤の落ち込みで、棒を縦に回しながら歩いている人を見掛けた。 くるっと手首でゆっくり回す1m程の細い棒の先に more >>

2012.6.7

Vol.11 アカハラ

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

今日か明日かと待ち続ける、心待ちにする、でもまだ来ない。 毎日見に行く。 ある日突然遡上が始まる。  産卵期特有の濃い藍色 more >>

2012.5.7

Vol.10 オジロワシ

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

モンゴル高原を水源に持つアムール河を流れる水は、川に遡るであろう大量のサケや、様々な生き物や植物の、果てた生命の栄養分を含んで海へ広がり、そ more >>

2012.4.2

Vol.9 エゾサンショウウオ

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

ある日、突然に空気感が変わる。 ぬるんだ、穏やかな大気が山野を包み、一つの季節の終わりと、幕開けが告げられる。 しかし、寒気が返して、雪 more >>

2012.3.3

Vol.8 エゾシカ

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

降りしきる雪は、地表を覆い隠して静まりかえり、白く美しい。 しかし、野のいきものには過酷な季節だ。     more >>

2012.2.6

Vol.7 トド

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

風雪が吹き付ける荒れた日、パサパサの雪面をカンジキで踏みしめ、凍りつく森を抜ける。 生える木々の間隔を強い気流が入り乱れると、一筋の風に乗 more >>

2012.1.16

Vol.6 カワガラス

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

雪が降り、消え、くり返す。 陽気に静寂を飛び回る。 地表には霜柱が立ち、沢の流れの中でさえ氷点近くに下がり、 more >>

2011.12.5

Vol.5 シシャモ

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

神の国の庭に柳の木が生えていた。 秋に柳の葉が誤って下界に落ち、アイヌの部落に散った。下界に散った葉は天へ帰りたいと願ったが、 重力に引 more >>

2011.11.4

Vol.4 実りの秋

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 ひんやりと冴え渡った空気が流れ、 ビビッドな色彩に彩られる、実りの秋がめぐって来た。 あるものは食べ、あるものは蓄え、あるものは死んで子 more >>

2011.10.5

Vol.3 カラフトマス

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

北海道では、八月も中頃を過ぎると秋の気配が漂い、森林の緑も柔らかさを失う。 そして、ドンゲ(イタドリ)の花が咲き始めると同時に、道東の川へ more >>

2011.9.6

Vol.2 ウキゴリ

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

お盆の頃、川を遡上してくる黒いモヤモヤがいる。 夏の強い日差しの中、それは、川の岸沿いをざわざわとゆっくり移動してゆく。 「あぁ、ゴリだな」 more >>

2011.8.6

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。